ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

活けてみたらイメージが変わった花


先日の花活けで、スーパーの見切り品だった花を使いました。



どのくらい持つか半信半疑で買った花でしたが、使ってみたら特に問題なく、定価の花と変わらないようなものでした。


もしかして見切り品になっていても、中には結構まともな花があるのでは?

そんなことを考えていた時、再び同じスーパーで格安になっていた花を見つけました。

見たところ、いたって元気そう💪

だったらこれも行けるかも、と思って買ってみることにしました。


緑の穂のアワと白のリンドウが入ったパック束です。


リンドウの葉が一部切れてるのが見切り品になった理由かしら🤔

でもこれは劣化したというより、もともとそういう状態だったような気がします。


それはともかく、ずいぶん地味な印象のパック束です。

白いリンドウが寂しすぎる😥


白いリンドウを上品で清楚な花だから好きという人もいるけど、

私には仏花のイメージが強すぎて、ちょっと敬遠してしまう花になっています🙅‍♀️

花が大きく開くわけでもないから、なんか暗い感じがするし😔


にもかかわらず、今回はこれを3束買ってしまいました。

実はアワの穂が好きなんですよね♡

なので、ほとんどアワが欲しくて買ったようなものです😋


ともかく3束で量的には十分なものになったので、今回はこの花材だけで活けることにしました。



ちょっと詰め込み過ぎたかも💦

3束を余すところなく使い切っちゃおう! なんて考えたのがいけなかった。


だけど、こうして白のリンドウを集めて活けてみると、寂しいと思った花も意外と見栄えのするものになりました。

これならこの花を清楚で上品と表現するのも納得かな👌


活けてみて初めて気付くことっていっぱいあります。

日々勉強!ですね😄