ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

時季外れのアレンジになってしまいました

このところ少しひっそりとした感じのアレンジが続いたので、今回はインパクト強めの花材を選んでみました。 使ったのはモンステラと、 テマリソウと アンスリウム2種。 グリーン系のアンスリウムは、ここ数年私のお気に入りです。 一方、赤いアンスリウムを…

悪戦苦闘の末に出来たもの

前回の記事に登場した謎の雑木。 蔓性の枝がデンファレの茎のカーブに合うのではないか? ということで生花店のご主人が店先に生えていたものを切ってくれたのですが、 残念ながら枝が弱々しくてデンファレに負けてしまう感じだったので、結局使いませんでし…

思わぬおまけで花活け

先月のとある日、近所の馴染みの生花店へ行ったら見事に花が無くて、完全に夏枯れ状態でした。 そこはもともと他店に比べると花数が少ない店なのですが、 その日はさすがに「花屋がこんなに地味で大丈夫なのか?」と心配になるほど。 これは困ったなー それ…

八重咲きのユリを活ける

前回のセルリアを買った店で、今度は八重咲きのオリエンタルリリーを購入しました。 オリエンタルリリーというとカサブランカのような大輪の花を連想しますが、これはそれに比べると半分ほどの大きさ。 可愛らしいうえに、白い花弁の重なりがうっとりするほ…

可憐なワイルドフラワー☆セルリア

このところ花活けでスーパーの花を使うことが多かったのですが、今回は真面目に?生花店へ出かけて花材を調達してきました。 だけど買ったのは2つの花材が入ったパック束。 なんかスーパーの花と変わらない気がする.. その店はパックで売る花を多く出して…

活けてみたらイメージが変わった花

先日の花活けで、スーパーの見切り品だった花を使いました。 どのくらい持つか半信半疑で買った花でしたが、使ってみたら特に問題なく、定価の花と変わらないようなものでした。 もしかして見切り品になっていても、中には結構まともな花があるのでは? そん…

とことん使ったニューサイラン

先日黄色のベニバナと一緒に活けたニューサイランは、花活け界でとても人気のある葉もの花材です。 好まれる理由の一つは丈夫で長持ちすることですが、 最大の魅力は何と言っても多様な活け方が可能なところにあります。 そのまま使っても良し、折ったり捻っ…

紅色のベニバナを活ける

前回の黄色いベニバナをスーパーで買った後、生花店でオレンジ色のベニバナを見つけて、思わず買ってしまいました。 しっかりしたオレンジ色です。 ベニバナの花は咲き始めの黄色から次第にオレンジに変わり、最後は紅色になります。 ということは、これは終…

暑いので花活けもさっさと終わらせたい

連日の猛暑で日中は外に出るのがつらいです そういう時は涼しい部屋で優雅に花でも活けたいところですが、 熱中症の危険を冒してまで花を買いに行く気にもなれません。 では日が落ちてから、なんて思っていると肝心の店がもう閉まってたりするし そんな時に…

緑の実も素敵なブルーベリー

近所のお宅にあるブルーベリーの木が、いつの間にか緑の実をつけていました。 この間まで花が咲いていたと思ったら、もう実がなる季節になったんですね。 その姿を見ていたら、無性にブルーベリーを活けたくなりました。 ということで早速購入。 葉っぱの方…

オシャレな葉っぱのミズヒキ

実家の庭に前から気になっていた葉があって、この間ドクダミを採ったついでに貰ってきました。 これはミズヒキの葉です。 ミズヒキは針金みたいに細くて長い茎に小さな紅白の花をつける多年草で、 その姿が祝儀袋などに使われる水引に似ていることから、この…

当てが外れたシネンシス

買ってから1週間ほど活けないままになっていた花がありました。 シネンシスという花です。 これは購入時の写真で、花はまだ咲いていません。 シネンシスは別名ハイブリッドスターチスといって、名前から分かるように様々な種類のスターチスを交雑してできた…

見切り品のライラックと100均のサンスベリア

先日、見切り品として売られていたライラックを購入しました。 真っ白よりも少しクリームがかった色です。 見切り品にしては割と元気そう ライラックは自分の中ではオシャレなイメージがあって、これを家の中に飾ったらさぞかしテンション上がるだろうと思っ…

割れた器で花活け

GW中にいつもより気合を入れて片づけをしていたら、うっかり花器を一つ割ってしまいました このブログにもたびたび登場していた白い円筒形の器です。 見るも無残な姿 よくある平凡な器ですが、個性が無い分、どんな花材でも合わせやすく、何かと重宝してい…

ナチュラルな花活け

今回はようやく新作です。 花材も使い回しではない新鮮なものを2つ 1つ目はタラスピ オファリムです。 名前は聞きなれないものですが、見ての通りナズナです。 ただし日本各地で見られるナズナとは違って、輸入物の西洋ナズナになります。 2つ目の花材は…

昔の作品で失礼します

このところ色々とやることが重なってしまい、花を活けている時間がありませんでした。 なので今回は3年ほど前に活けた作品で失礼します。 使用花材はチューリップ、カスミソウ、ウイキョウです。 実はこの3つは過去記事の作品にも使っていて、要するに使い…

その後のタンチョウアリウム

前々回の作品で使ったタンチョウアリウムは、まだ全部が蕾の状態でした。 タンチョウアリウムはとにかく丈夫です。 一緒に活けたラナンキュラスが終わった後も衰えることなく、そのうち頭の方から花が咲き始めて、やがて全ての蕾が開きました。 もう「丹頂」…

100均の観葉植物を活ける

先日、100円ショップで観葉植物を買いました。 ミリオンバンブーという名のドラセナです。 長さが50cmくらい、茎の太さが1cmほどの大きさでバケツに入って売られていました。 観葉植物として人気のミリオンバンブーは、いけばなでよく使われる花材…

くねくねの茎が楽しいタンチョウアリウム

今回は私の好きな花材の一つであるアリウムを使った花活けです。 アリウムには多くの種類があり、今回はその中からタンチョウ(丹頂)アリウムと呼ばれるものを使いました。 頭頂部が赤い丹頂鶴に花の形が似ていることから、この名前が付いています。 アリウ…

これも春の花です

前回のサクラに続いて春の花を活けました。 使用花材はアカメヤナギ。 これは花なのか?と言われそうですが、 赤い殻の中から出てくる銀白色の綿毛のようなものが花芽です。 赤い殻はその後ポロポロ落ちて、購入から2週間経った頃にはほぼシルバーの花芽だ…

葉が出る前にリメイク

前回のケイオウザクラは作品完成から3日経過しても衰えることなく、その美しさを保っていました。 予定ではそのまま葉ザクラになるのを待つつもりでしたが、 この様子だと葉が出るのはずっと先になりそうだし、こんなに綺麗に咲いているのに花が落ちるまで…

春の花の花活け、最初はサクラ

いよいよ春の花を活けようと、花材を求めて生花店へ出かけました。 今だと一押しはサクラかなー、と思いながら店に行くと、 そこで躊躇なく勧められたのは、やっぱりサクラ ま、そうですよね 薄いピンクの花のケイオウザクラ(啓翁桜)です。 サクラの中でも…

明るい色のキクで花活け

正月用に準備した花材は、前2作品で大部分を使い切りました。 唯一、手つかずのまま残ったのがキク3種。 キクはキクでも、これらはスプレーマムと呼ばれる洋ギクです。 実は今回のキクは予定外の買い物でした。 というのも、家には既にマンリョウとセンリ…

新春の香りに包まれて花活け

今回は正月用の花材で仕上げた作品の第2弾です。 使ったのはロウバイ(蝋梅)と、 赤い実と黄色の実のセンリョウ(千両)。 ロウバイは店で購入し、センリョウは前回のマンリョウと同じく実家の庭にあったのをもらってきました。 赤い実の方のセンリョウは…

お正月にぼちぼち花活け

遅ればせながら、今年最初の投稿です。 本年もどうぞよろしくお願いいたします 昨年末は正月花を活ける時間がなかったため、年が明けてから花活けに取り掛かることになりました。 お正月はのんびりと、花もぼちぼち活けていこうという感じで。 正月用の花材…

今年も有難うございました

今年もいよいよあと一日で終わりですね。 皆様、新年の準備はもう終わられたでしょうか。 私は例年通り、すべてが山積み状態です。困ったもんだ 花活けについても、本当は遅くても今日までに正月花を活け終わっているはずだったのですが、結局間に合いません…

キラキラ花材に変身

年末の大掃除に取り掛かるにあたって、今年溜め込んだ使用済み花材も整理することにしました。 改めて見ると結構な量でビックリ >_< 一度使ったんだからさっさと捨てればいいものを、と思うのですが、なかなか見切りを付けられない性分で そこでその中からい…

明るい色で気分を変えて

渋い感じの花活けが続いたせいか、無性に明るい色の花を活けたくなりました。 明るいと言えば黄色かな、ということで選んだのはオンシジウム。 オンシジウムは黄色以外の花色もありますが、定番はやはり黄色。 すっきりと鮮やかな黄色は気持ちを明るくしてく…

秋の終わりの花活け

前回のガマズミを店で選んでいる時、店の外に穂がフワフワになったススキがあるのに気が付きました。 ガマズミを買いながらそれが気になって、「外のススキは売り物ですか?」と聞いてみたところ、 「あぁ、あれ。あげますよ。」という予想外の返事 「えっ!…

深紅の実のガマズミを活ける

まず初めに、 前回の作品に温かいコメントやスターをくださった皆様に感謝申し上げます 躊躇しながらの公開だったので、とても救われました。 振り返ってみると、ちょっと結果を気にしすぎていたようで。 失敗を恐れず、どんどんやってみるべし! ですね さ…