ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

緑の実も素敵なブルーベリー


近所のお宅にあるブルーベリーの木が、いつの間にか緑の実をつけていました。

この間まで花が咲いていたと思ったら、もう実がなる季節になったんですね。

その姿を見ていたら、無性にブルーベリーを活けたくなりました。


ということで早速購入。


葉っぱの方が目立っている感じですが、実もたっぷり付いています。


このブルーベリーには、緑のクルクマと、白い花弁に赤い縁取りが入ったカーネーションを合わせました。


この2つはスーパーのパック束で売られていた花で、しかも見切り品でした。

生花店でいま一つピンとくる花がなく、どうしようかと思っていたところで見つけたものです。

別にこれがピンとくる花でもなかったんだけど、やっぱり「半額」というシールは強い💪

合う合わないは別として、とりあえず買っておこう、と迷わず決断しました。


で、結局、合うんだか合わないんだか分からないけど、とりあえずこれで活けてみよう、ということになり、花活け開始。

もう少しちゃんと選ぼうよー😅



そんなに悪くない取り合わせだったかも👌

それにクルクマもカーネーションも全然見切り品という感じではなく、普通に元気でした。

期待していなかっただけに、この結果はなんか嬉しい😊



ブルーベリーの実はもう少し経つと、誰もが知っているあの色=濃い青紫色になります。

花材としては熟した実の時も非常に魅力的なのですが、

熟す前の緑の実には生き生きとした爽やかさがあって、それにも私はとても惹かれます。

クリスマスの時に使われる赤い実で有名なサンキライも、いま緑の実の状態で出回っていて、

それもまた素敵なんですよねー✨