ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

イエローカラーだと春っぽく見える?


年末の花材が長持ちなのを良いことに、しばらく花活けをサボっていました。

なので、そろそろブログを更新しようと思ったら、家の中の花が何も更新されていなかったことに気付いて、

困った😱


でもこれから慌てて花材を買いに行くのもねー。 外、寒いし😖

そこでちょっとどうかと思いましたが、去年活けたものを引っ張り出すことにしました。


使用した花材はスーパーのパック束で売られていたものです。


左から、クラスペディア、カンガルーポー、バラ。

クラスペディアはゴールドスティックとも呼ばれていて、見た目から私は最初ゴールドスティックの方で覚えました。


生花店にあるものと比べると品質的に劣るのが画像からも見て取れると思いますが、私の好きなクラスペディアとカンガルーポーが入っていたので思わず買ってしまいました。


花材はこれだけなので、大きな作品にはなりません。



このアレンジは去年の秋ごろに活けたのですが、花材がどれも黄色ということで何となく春っぽい気がしないでもない?

黄色い紅葉もあると言われればそれまでだけど(笑)



花材を手に入れた時は、とりあえずそれを写真に収めています。

でも作品はその出来によって公開しないこともあり、

今回の作品も本当はその類のものでした。

なので、いま凄く居心地が悪いです😫

いまさらだけど、やっぱり公開しない方が良かったかなー😅



今年最初のリメイク作品


今回はリメイクの花活けです。


再利用した花材は、クリスマスリースに使った赤い実のサンキライと



前回の正月花で活けたピンクのシンビジウム



サンキライはリースを解体した後も捨てずにとっておきました。

水をもらわなくてもサンキライの実はしわしわにならないし、ぽろぽろ落ちることもありません。

色が渋く変わっていくだけなので、赤い色にこだわりがなければ何度でも使えそうです👌


シンビジウムは相変わらず元気💪

ラン類は切り花になっても1カ月くらい平気で咲いていたりするので、今さら驚きはしませんが、それでも生の花がどうしてそんなに持つのか不思議です🤔



今回はクリスマスと正月の花材を合わせることになりました。

そう言うと何だか変な取り合わせみたいだけど、花材としては日常的に使われているものなので違和感はないはず。



特に狙ったわけではないですが、赤とピンクで何となくめでたい感じになった気がします🎵



年末に買った花材はどれも長持ちだったので、今日にいたるまで新しい花を買わずに済んでしまいました。

今回のように活け替えて新しいデザインにすれば、同じ花でもそんなに飽きることはないし、やっぱり丈夫な花材って良いわー👍

もちろんシャクヤクみたいにあっという間にばらけてしまう花も、それはそれで魅力的ですけどね😊



今年の初活け


今年最初の投稿です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします😊


昨年末に間に合わなかった正月花は、新年になってめでたく活けることができました。

花材を早めに手に入れていたので、こんなに間が空いてしまったらもう使えないかもしれないと心配したのですが、

幸いにも悲惨なことにはならずにすみました👍


その花材とは、バンダとシンビジウムです。



見栄えがして、しかも長持ちする花といったら何と言ってもランでしょう。


もしかしたら画像では実際よりブルー寄りの色に見えているかもしれませんが、今回のバンダは濃い紫、シンビジウムはベビーピンクが本当の色です。


ここに松飾りで使ったネビキマツとナンテンの実を合わせれば、一気に正月らしくなります。

マツは最強ですね。これさえあればお正月🎍



シンビジウムはほとんど変わらず元気ですが、バンダの方はちょっと怪しくなっています💦

花弁がひらひらして傷みやすい分、シンビジウムより持たない感じ。

それでも他の花に比べれば相当長持ちです💪



正月用の花材はクリスマスの翌日から一斉に店頭に並びますが、初日はまだ店が混むというほどではなく、余裕で買うことができます👌

私は毎年この頃に買うパターン。

晦日も暗くなってから、いかにも慌てて買ってます的な人も時々いて、

そういう人を見かけると「この人大丈夫かしら🤔」と思ってしまいます。

まあ早く買っても年内に活けられない私が言えた義理じゃないけど😅



松飾りはどうにか間に合いました


今年も残すところあと3日。

年内に活けるはずの正月花..どう考えても間に合いません💦

思い返せば去年もそうでした。

毎年バタバタで、本当に情けない😫


だけど去年と同じパターンで、松飾りだけは今日飾ることができました。

とりあえず外に飾るものは一夜飾りにならずに済んだから、もうそれで良しとするしかないですね。


今回の松飾りには、ネビキマツ(根引き松)を使いました。



長さのある1本を途中で切ってもらって2本になっています。


ネビキマツは根が付いたまま売られるマツなのですが、これは残念ながらほとんど根がありません😔

ちなみに根が付いているのは「地に足が付く」「成長し続ける」という意味があり、飾る時も根を見せるのが縁起が良いとされています。


このネビキマツにナンテンの実と稲穂を添えることにしました。




マツにこの2つが入ると定番の松飾りですね。



マツカサと紅白の水引も入れてみました。

ちょっとモサッとしてる気がするけど、まあいいか😅


ところで先月活けたサンシュユですが、赤い実が落ちた後もそのまま水につけておいたら、何と花が咲いてしまいました😮



自然開花期は3月頃のはず。

ちょっと頼りない感じの花だけど、一足先に春が来たみたいで、なんか嬉しい🎵



今年のブログ更新は今回が最後となります。

今年も当ブログをご訪問いただきありがとうございました。

来年も引き続きよろしくお願い致します。

どうぞ良いお年をお迎えください😊



ブルーアイスでクリスマスリース


12月に入ってもクリスマス用の花活けをする気がしなくて、しばらくグダグダしていたのですが、先日ようやくリースだけは作りました。


リースに使った花材は3つだけ。とてもシンプルです。


左からブルーアイス、スノー仕様のマツカサ、サンキライ。


ブルーアイスは薄皮アリゾナ糸杉の栽培品種で、クリスマスの時に使われるコニファー(針葉樹の総称)の中で私が一番好きなものです♡

シルバーグリーンの葉の色が素敵だし、香りも良くて森林浴気分に浸れます。


サンキライの赤い実はクリスマスの定番ですね。

赤い時も綺麗ですが、その後渋い赤に変わった実がまたかっこよくて好き👍


オーナメントのマツカサはもともと我が家にもあったのですが、お店の方で下さるというので遠慮なくいただいてきました😋


いつもだったら土台にはモミノキやヒバなど色んな緑を合わせたり、オーナメントも何種類か取り混ぜて付けていたと思います。

でも今回は、ブルーアイスと赤い実だけ買おう!と最初から決めていました。

スッキリしたものにしたかったというのもあるけど、正直あまり手間暇かけたくなかったもので。

何というやる気の無さでしょう😅



サンキライは枝を切り分けずにそのまま使いました。

ちょっとリースが丸ではなく楕円ぽいような?💦


元々リース作りが苦手ということもあって、最初はいやいや作り始めた感じでしたが、作業をしている間にだんだん気分が乗ってきました🎵

これはブルーアイスの香りによる癒し効果が大きかったかもしれません。

おかげでひと仕事終えることができて、ホッ💨



長持ちした花材でリメイク


前回および前々回の花材、サンシュユ、カクレミノ、カラー、アルストロメリアアンスリウムはすべて同じ日に購入したものです。




そしてこれらはどれも日持ちのするものでした。

サンシュユやカクレミノのような枝もの花材は総じて長持ちするものですが、カラー、アルストロメリアアンスリウムも花ものとしては持ちが良い方に入ります。

切り花では1日でダメになるようなものもあり、それに比べるとこの3つの花は気持ち的にだいぶゆとりを持って活けることができます。


とはいえ、やっぱり花は花。

枝ものほど持つわけではありません。

なので、これらは作品を2つ仕上げたところでその役目は終わり、と思っていました。


ところが1週間経っても、3つの花は何やら元気💪

しかも変わり咲きのアルストロメリアに至っては、サンシュユと活けた時より花が開いて華やかになっている✨


個体差があるようで、左側の方は相変わらずあまり開いていませんが💦


最初の2作品で全部の花材を無駄なく使ったし、自分としてはそれで満足だったのですが、

予想外に頑張っている花たちを見ていたら、ちょっと活け変えて別の作品にしてみようかという気になりました。


そこで早速リメイク開始!



サンシュユとカクレミノは使わず、花だけで仕上げました。

前回も花ものだけのアレンジでしたが、アルストロメリアが加わったことでだいぶ雰囲気の違うものになったと思います。


ちなみに3つの花の中で最後まで残ったのはアルストロメリアでした。

だいぶ花数は減ったものの、購入からひと月近く経った今でもちゃんと咲いています👍

あまり開かない変わり咲きタイプが特別長持ちするのでしょうか🤔

でもそれも夏場だったらどうなるか分かりませんね。

今回どの花も思った以上に長く楽しめたのも、寒くなったおかげだろうし。



色に惹かれて買った花


先日生花店で買った花材は、前回使ったものの他にあと2つありました。


1つはグリーンのアンスリウムです。


私はグリーンの花がとにかく好き♡

アンスリウムには素敵な色がたくさんあって、いつもどれにしようか悩んでしまいますが、それでもグリーンはやっぱり外せない気がします。

なおアンスリウムの本来の花は中心の棒状部分に集まって咲く小さなもので、花弁に見えるグリーンの部分は仏炎苞と呼ばれ、葉が変化したものです。


2つ目の花材はオレンジ色のカラー。


渋めなオレンジで、しかも一色ではなく、黄色だったり赤に近い色の部分もある複雑な色合いになっていて非常に魅力的です😍

さらにカラー2本のうち1本は珍しく葉っぱ付きで、それもまた3色構造になっていてカラフル✨

カラーの葉でこういう色のものは初めて見ました。


このアンスリウムとカラーは、もともと前回のサンシュユの枝に合わせることを考えて選んだものでした。

でも本当は2つとも好みの色だったので欲しくなったと言うのが正しくて、結果としてサンシュユは関係無くなりました😅


ということで、今回は前回の花活けで使わなかったアンスリウムとカラーだけで花活けに挑戦することにしました。



花材の数が少ないので厳しいかなと思いましたが、何とか形になりました。

カラーの葉があったのが大きかったですね。

こういうものが手に入るとは思っていなかったので、とてもラッキーでした🎵



ところで国際中医薬膳師のぺんたん(id:senninlife)さんより、前回のサンシュユの実が中薬であることを教えて頂きました。

ぺんたんさんのブログでは薬膳について楽しく分かり易く解説されていて、いつも大いに学ばせていただいています😊

www.senninlife.com


で、花活けで使ったサンシュユの実で何か作れるかしら、と思ったのですが、時すでに遅し😔

すっかりくたびれ果てた実と化していました💦

あまりに綺麗な実なので、いつもより長期間飾り過ぎたのが失敗でしたねー🤦‍♀️