ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

花が無くても爽やかなチョウジソウ

この間、外出先でたまたま立ち寄った生花店で、珍しくチョウジソウを見つけました。

チョウジソウは初夏に淡いブルーの星型の花が咲き、その頃に切り花としても出回りますが、期間がごく限られていてあまり店頭で見かけたことがありません。

ましてや花が終わって緑の葉だけになったものに出会うなんて思いもしませんでした。

出かけたついでにちょっとのぞいてみただけだったんだけど、そういう時の方が案外面白いものに当たるのかもしれないですね。


出先だったこともあり、その場ではチョウジソウのみを購入しました。

合わせる花は地元の店で調達するつもり...だったのですが、

なんと、このところお世話になっている生花店が長期の夏休みに入っていたことが判明!

当てが外れましたヽ(´Д`;)ノ

仕方がないのでスーパーの花も視野に入れて探すことになりました。


結果購入したのが、比較的色合わせが綺麗に見えたパック束。

入っていたのは薄ーいピンクの花のカクトラノオと、


濃い赤のケイトウです。


平凡な花たちだけど、近場の店をいくつか回ってみて、結局スーパーにあったこのパック束が一番しっくりくるように思えました。

それに何と言ってもチョウジソウが清々しくて良い感じなので、花がありふれていてもうまくいきそうな気がします👍

ということで活けてみたら、



あれ?うまくいかなかったかも (;^_^A

活けている時は凄く爽やかな花活けに見えたのですが、こうして写真に撮ってみるとカクトラノオが何だか不気味😱

そもそもチョウジソウとの出会いから始まった花活けだったのに、いつの間にかカクトラノオが出しゃばりすぎてしまいました。

取り合わせが悪いというより活け方の問題かな。



猛暑の中で見つけたチョウジソウは、店内でひときわ爽やかに見えました。

今回は花を合わせてしまいましたが、グリーンの葉だけで活けても涼しげで良さそうです。

今度は花が咲いている時にも活けてみたいですね。

それには出回り時期をちゃんとチェックしないと😊