ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

見切り品のライラックと100均のサンスベリア


先日、見切り品として売られていたライラックを購入しました。


真っ白よりも少しクリームがかった色です。

見切り品にしては割と元気そう💪


ライラックは自分の中ではオシャレなイメージがあって、これを家の中に飾ったらさぞかしテンション上がるだろうと思っている花です。

ただ一方で、切り花で売られているライラックはとても水が下がりやすく、しっかり処理しないとすぐ萎れてしまうという問題があり、

そのため活けたいのは山々だけど買ってガッカリするのがイヤで、私はずっとこの花を敬遠してきました🙅‍♀️


それなのに今回購入に至ったのはどういうわけかというと、

どうせ花持ちが悪いなら、見切り品で安く買った方がダメになった時のショックが少ない、と思ったからでした。

ひどい理由だけど、とにかくライラックを手にすることができて良かった😄


こうして久しぶりの再会となったライラックには、100均で買ったサンスベリアを合わせることにしました。


これは以前活けた100均のミリオンバンブーと一緒に購入していたものです。



さらに花材をもう一つ、グリーンの実のヒペリカムも加えることにしました。


主役を引き立てて、花活けのアクセントになる花材です。



ライラックを買う時に一応お店の人に日持ちを聞きました。

その答えは、

「見切り品ですから~😅 持って2,3日かと」

急げや急げ!🏃‍♀️



ライラックは正面から見ると比較的綺麗なのですが、裏側は根元の方から劣化が始まっていました。

なので、やむなく短く切って傷みが目立たないように活けることになりました。

本当は枝を見せて伸びやかに活けたかったけど、

そこはやっぱり見切り品だから、仕方ないですね😔