ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

その後のタンチョウアリウム


前々回の作品で使ったタンチョウアリウムは、まだ全部が蕾の状態でした。



タンチョウアリウムはとにかく丈夫です。

一緒に活けたラナンキュラスが終わった後も衰えることなく、そのうち頭の方から花が咲き始めて、やがて全ての蕾が開きました。



もう「丹頂」の面影はないですね。

正確な日数は覚えていませんが、たぶん2週間ほどで満開になったと思います。


この写真はそこからさらに1週間くらい経っているので、花は開き過ぎだし茎の変色も始まってるし、さすがにもうお別れした方がよさそうな感じです。

なのにちょっと魔がさして、ここからもう一度活けてしまいました😋


合わせたのはピンク系のスイートピー



スイートピーも時期的にそろそろ終わりかな、と思って、無くなる前に買っておきました。


スイートピーの色とはちょっとニュアンスが違いますが、タンチョウアリウムの花もピンクということで、

今回はピンクでまとめたアレンジとなりました。



タンチョウアリウムが限界であるだけでなく、スイートピーもかなりヤバい状態です💦

購入後4~5日経ってから活けているので、花の色がだいぶ抜けてピンクも青っぽくなっています。

ギリギリ持ちこたえている花材ばかり使ったおかげで、

あまりアップで見ないでね~🙏というアレンジになってしまいました😅