ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

やっぱり可愛いチューリップ


サクラ、ウメ、と春の花木が続いた後に、今度は春の草花を活けることになりました。


誰もが知っているチューリップ。

スーパーで売っているようなものより、ちょっと高級な感じです。

2種類購入して、色は両方ともほぼ同じで赤に近いピンクですが、左の丸い形の方は八重咲きで大きく開くタイプ。

右の方はどこまで開くか不明とのことでしたが、店にあった時は外側のグリーンと内側のピンクの対比が魅力的でした。


この2種類のチューリップを買うことにして、他に何か補足的なものはないかと店内を見まわしていたら、

店のご主人がテマリソウを合わせてくれました。

家に帰ってから気が付いたのですが、このテマリソウ、もしかしたら、ただでつけてくれたのかもしれません。

払った金額がどうもチューリップの分だけのような気がするんですよね(レシートが出ない店なので詳細が分からない^^;)。

だとしたら申し訳ない(>_<)

全然気付かなくて失礼しました&厚くお礼申し上げます(*´▽`人)


一気に幸福度が上がったところで、有難いテマリソウに感謝しながら制作に取り掛かりました。



チューリップはどんな色かたちでも好きだけど、紅色チューリップがこんなに可愛いとは思わなかった♡


チューリップを活けたことがある人なら分かると思いますが、チューリップは時間と共に花の向きが変わったり、茎が伸びたりします。

なので「この形」と思って仕上げても翌日にはまったく違うものになってガッカリすることも😔

自宅に飾るものならその変化も楽しめるけど、作品として外へ出す場合は要注意です。


花の開き具合について言うと、アレンジの写真は購入した翌日のものでそれほど大きく変わってはいませんが、3日後にはこんな感じになりました。

八重咲きの方は派手派手しく全開で\(^o^)/

縦長の方はちょっと先が開く程度で最初の形をキープしていますが、外側の緑色がほとんど消えて全体的に赤くなりました😊