ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

今度のおまけはシックなスイートピー


前回の花活けはおまけでもらったラナンキュラスを使いましたが、

同じ店で再びおまけの花をいただいてしまいました😊


シックな紫のスイートピーです。

こういう渋い感じの花色が好きなんですよねー♡


ただし今回は、「これは日持ちするわけじゃないからね」というひと言があった花でした。

なのでその日に購入した花の方は後回しにして、こちらをまず先に活けることにしました。


合わせたのはバーゼリアの葉。

買った花と一緒に活けようと選んだものでしたが、スイートピーの相方にもなってもらいました。


バーゼリアはクリスマスの時期にリースなどによく使う花材です。

ただ普通は花がついているものなので、葉っぱだけだとまるで別物みたい😮

何とも不思議な雰囲気を醸し出していて、面白い花材になっています。


このバーゼリアを見ていたら、クリスマスの時に使ったリューカデンドロンが家にあったのを思い出しました。

これは買った時の生の状態の写真です。

当然いまはドライになっていて、例によってサッサと捨てればいいものをいまだに家に残っていました。

これはサヨナラできる絶好の機会\(^o^)/


ということで、いかにもあり合わせの花材だけど、スイートピーがダメにならないうちに急いで活けることにしました。



リューカデンドロンは白く塗りました。

スイートピーの花弁に張りが無く、どうなることかと思いましたが、何とか耐えてくれたようです👌

切り花の時期としてももう終りで、そういう意味でもぎりぎりの花活けでした。


なお、このスイートピーの花色は天然ではなく染めたものです。

この頃グレーやベージュなどのニュアンスカラースイートピーをよく見かけますが、これらも染色液を吸わせて色を付けたもの。

いかにも天然に見えそうな黄色やオレンジも、実は染めのスイートピーなんですよねー。

技術が進んでわざとらしく見えないところが凄いと思います😆