ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

久しぶりの稽古


思いがけないことに、いけばな教室が通常レッスンに戻りました。

来春まで予約制のはずだったのに、そうも言っていられなくなったということでしょうか。

だけど制限解除した途端、どんどんコロナの感染者が増えていて、何とも間が悪いというか...(´-ω-`)


何はともあれ普通に受講できるようになったので、早速稽古に復帰することにしました。


久しぶりに稽古場で手に入れた花材は葉ものが2つ。

一つはタニワタリです。

花活けで定番の花材ですが、観葉植物としても人気があるシダ植物です。

葉の縁が波打っているのが特徴で、活けるとこのフリフリがとても面白い効果をもたらしてくれます。


もう一つの葉ものはニューサイラン。

これも超定番花材で、前々回の作品で使ったのは銅葉でしたが、今回は斑入りの緑の葉を選びました。


さて購入した稽古花材は緑のものばかり。

緑の葉だけのアレンジもありだし、実際作品はそれで仕上げたのですが、

本当は何か赤い花が欲しかった!

私が教室に行った時間にはもう適当な花が残っていなかったんですよね (;_;)


そんな話を稽古仲間にしたら、

なんと!赤いバラを1本いただいてしまいました🌹

いやいや、そういうつもりで言ったんじゃないんだけど..(;^_^A

他のどんなバラより私にとっては輝いて見えるバラ✨

有難く頂戴して、家でのアレンジに加えさせていただくことにしました。


ここに近所の店で買ったクジャクソウも足して、


特にクリスマスを意識していたわけではないのですが、結果としてクリスマスカラーが揃うことになりました。



おかげさまで赤いバラが良いポイントになりました。

Tさん、本当にありがとう💖

しっかり使わせてもらいましたよ (^^)v



このところ気持ちが凹むことが重なって、花活けも何もやる気が起きなくなっていました😔

そんな中で久しぶりに受けたいけばなの稽古。

それがとても良い気分転換になったようです。

何かと理由をつけてサボりたがっていた稽古に、よもやここで救われるとは😅

なんだかんだ言いながらも続けていて良かったな、と今更ながら実感しました。