ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

花材も品不足で、さあどうする

家に花材が無い状態が続いていて、そろそろ何か欲しいなと思っていたところ、食料品を買いに行ったスーパーでキンギョソウの束を見つけました。

見た感じ、そんなに状態は悪くなさそうです。

綺麗な色だし、今年はまだキンギョソウを活けていなかったし、ちょうど良かったと思って購入することにしました。


思いがけずキンギョソウを買ってしまいましたが、そもそも私が欲しいと思っていたのは枝もの花材です。

枝ものとなると、ここはやはり花屋さんへ行くしかありません。


ということで花屋さんへ行ってみると、

なんと店には全くと言っていいほど枝ものがありませんでした(@_@;)

もしやイベントの中止が相次いだので仕入れていないとか?

花屋さんによると枝ものの場合はそれだけでなく、いけばな教室が軒並み休みになってしまったのが大きいとのことでした。

確かに枝ものっていけばなに必須のものですからね。


そういうわけで枝ものが手に入らなかったため、今回はキンギョソウだけで頑張ることになりました。

キンギョソウは可愛らしい花が目を引きますが、それだけでなく先端のつぼみの部分にも面白さがある素材です。

ボリュームのある花とは対照的に、先端部分には方向を指し示すような動的な感じがあって、

そのおかげでキンギョソウは一種いけでも十分いけるな、と思いました。


なおこの先端部分は時間が経つと上へと向きを変えます。

デザインによっては翌日に全く違う作品になっていることもあるので、そこは頭に入れておいた方が良いかと思います。



コロナの影響は、休業要請対象ではない花屋さんでもかなり深刻なようです😟

日頃利用している何軒かの地元の店も、1軒はしばらく休業、開いているところでも時短営業でだいぶ早い時間に閉店しています。

なにしろ生花の需要が無いため市場自体に花が少ないそうで、今回のぞいた店も全体的に商品が少なくて閑散とした感じでした。

こうなると頼りになるのはむしろスーパーの花かも?

いずれにしろ確かなのは、当分枝ものは期待できないということですね (´-ω-`)