ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

決められた色合わせで活ける

前回は何ともふざけたアレンジをお見せしてしまって失礼しました。

自分でもこれは完全スルーされても仕方がないと思っていましたが、予想に反して数々の温かいスターやブコメをいただき何とお礼を申し上げればよいのやら。

おかげさまで一気に気持ちが明るくなりました。本当にありがとうございました♪(⌒∇⌒*。)


さて前回のアレンジを仕上げた後スーパーへ買い物に行ったところ、そこで以前から気になっていた黒のカラーを見つけました。

黒と言っても正確には黒に近い濃い紫色です。

黒カラーはカッコいい!と思いながらなかなか活ける機会がなかったもの。

それがお買い得商品のパック束として売られていて、これは少し運気が上昇してきたのかと思わず飛びつきました。

ただサービス品なのでさもありなん、カラーの茎に一部変な折り目が付いています(‐∀‐;;


このパック束の中には他にも2つ花材が入っていました。

一つは黄色のガーベラ。

ちょっと小振りのタイプで、どこにでもある一般的なガーベラです。

もう一つは白いストライプが入ったドラセナでした。

ドラセナ・ワーネッキー、別名シロシマセンネンボクと呼ばれるものかと思います。園芸に疎いので間違っていたらすみません。


先日使い物にならなかった稽古花材の悪夢を早々に断ち切るべく、早速この3つの花材を使って活けてみることにしました。

ひと束では量が少なかったので、同じものをもう一つ購入して活けています。

黒カラーはもっと違う使い方を考えていたのですが、下手に手を加えて茎の折り目が悪化しても困るので自然な形で使いました。


あらかじめ複数の花材が入っているパック束はこのところよく利用しますが、残念ながらその花の組み合わせに納得のいくものはあまりなく、大抵の場合そこに別の花を足すか、束に入っていた花を一部入れ替えるかしています。

でも今回の花活けは他の花の助けを借りずにパック束の花材のみを使うことにしました。

というのも黒カラーと黄色のガーベラを見た時、意外とこの組み合わせは粋でオシャレだと感じたから。

おそらく自分だったら黒カラーに対しては無難なピンク系や白などを合わせがちで、最初から積極的に黄色を選ぶことはなかったと思います。

かつては、スーパーのパック束なんて、と軽く見ていましたが、いやいやどうして侮れません。

今回は大いに学ばせてもらいました。