ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

再びスイートピー

前回が枝ものアレンジだったので、今回は花ものにしようと思い、いつもの花屋さんへ出かけました。

ざっと見たところ店頭に並んでいたのは、バラやガーベラのような定番の花のほか、季節もののナノハナなど。

前にもお話した通り、ここは手頃な花を小さな束にして提供している店なのですが、逆に言うと、凝った花は扱っておらず、花色も含めてごくありきたりのものしかありません。

とにかくオシャレなアレンジにしたいとか、特別な人に贈りたいという場合には物足りないかもしれないけど、高価じゃない分、気楽に活けられて、部屋に飾るだけならこれで十分だと思っています。


で、そこで何を選んだかというと、もうタイトルに出ていますね。

最初は、やっぱり今しか手に入らない季節もの、と思ったのですが、気が変わって、一番たくさん並んで目立っていたスイートビーにしました。


スイートピーといえば先月も活けたばかり。

前回はシックな色合いのものでしたが、今回はいかにもスイートピーらしい3色です。

ひらひらしていて、見るからに可愛らしい花。

買ったはいいけど、どうしたものか。

花器のレパートリーが少なく、可愛らしさに見合った器が無い...

ガラス瓶に挿すだけじゃ、あまりに寂しいし、

悩んだ結果、こんな感じに仕上げました。

スイートピーの足元に入っているのは、今年初めに使ったサンゴミズキです。

スイートピーの茎の線と対比させると面白いかなと思って入れてみました。

ちょうど花留めの役割も果たしています。

サンゴミズキは本当にいろいろ役に立つ花材で、これこそ優等生。

しかも綺麗なので、前回のニシキギと違って万人受けする植物ではないかと思います。


さてスイートピーですが、これまで特に好きということもなく、これといって気になる花でもありませんでした。

でもあらためて見ると、花色も豊富だし、思ったより存在感のある花のように感じます。

今までスルーしてきた分、いろいろ試してみるのもいいかもしれません。

それにほのかに甘い香りがするところも好感度高いですね。

そもそもスイートピーという名前も、甘い香りでマメ科の花だから sweet pea とついたそうです。


香りといい色といい、春を感じさせるスイートピー

もらうとちょっと嬉しい花かも。

誰もくれませんけどね ( ̄▽ ̄;)