ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

今年も終わりなのでちょっと奮発しました

12月に入って今年の稽古を振り返ってみたら、何と一年の半分以上サボっていたことが分かりました。

これはイカン「(。>ω<。)

せめて最後だけはちゃんと締めないとね、と大いに反省しながら先日稽古に行ってまいりました。


12月になると稽古場の花材もクリスマスと正月向けのものが多くなります。

そこで今回の稽古でもクリスマスに使えそうな花材を選んできました。

一般的にギンマルバ(銀丸葉)ユーカリとして知られているユーカリです。

前々回の記事で紹介したグニユーカリより葉が大きく、枝も太くしっかりしていて、普通ユーカリというと私はこのタイプのイメージがあります。

年間通して出回りますが、特にクリスマス時期にはリースやアレンジメントで大活躍する花材となっています。


このユーカリに対して花ものを選ぼうと思ったところ、あいにくその場では欲しいと思うものがありませんでした。

その日の稽古のテーマとしては花が無くても良かったのですが、家で活けるには何か色味のあるものが欲しい 🤔

ということで地元の花屋さんで花を探すことにしました。


ところがこれが予想外に苦戦💦

クリスマスだから赤い花にしよう、時期的に山ほどあるだろうしと思っていたのに、期待に反してなぜか赤い花が少なく適当なものが見つかりません。

これはよほど花に縁がないんだわ、と諦めかけた時、ある店でひときわ輝く美しい花を発見しました。

濃い紫色のバンダです(画像では青みがかって見えるかもしれませんが、実際は純色の紫と言っていいような色です)。


赤い花じゃないけど、これ欲しい(♡∀♡)

でも多分コチョウランと同じくらいお高いランだと思うのよねー

と、お値段を聞いてみると1本1000円でした。やっぱり(◞‸◟)

ただ花屋さんの話では今回はいつもより安めで、高い時は1500円くらいするとのこと。

なら行っちゃおうか。今年も終わりだし。


で、思い切って買いました\(^o^)/

たかが1000円で騒ぎ過ぎだけど、私にとっては普段使いの花で購入する金額ではなく、活けてみると神々しくさえ見えてきました😅


真ん中に入っている白い花は前回のコチョウラン。購入してから3週間以上経っています。

400円という破格の値段だけでも十分感謝だけど、これだけ長持ちしてくれたらもう言うことないですね。

以前使ったレナンセラも1か月ほど持ちましたが、ランは長持ちすると見込んで、今回のバンダにも是非頑張ってほしいです🙏