ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

また選んでしまった色合わせ

前回のノバラの枝が余ったので、それで新たに作品を作ることにしました。

ノバラは実が小さくてスズバラのようなインパクトはないけれど、その代わり枝に動きがあって様々な活け方が考えられる花材です。

ただ今回は残り物の枝で、あれこれ遊べるほどの分量がありません。

なので一緒に活ける花材に助けてもらわないとちょっと辛い💦


そこで選んだのが以下の3つの花材です。

1つ目は白のハイドランジア。

ハイドランジアは要するに西洋アジサイですね。

日本のアジサイが欧米で品種改良されて逆輸入されたものです。

日本で自生しているアジサイに比べて花が大きく、色も豊富で華やかなものが多いですが、今回はシンプルに真っ白なタイプを選びました。


2つ目の花材はテマリソウです。

グリーンのモコモコしたフォルムが面白くて、思わず買いたくなる花材です。


最後はひと月前にも使ったコニカルブラック。また買ってしまいました。

このところスーパーのパック束でも見かけるようになって、もしかしたら流行っているのかもしれません。


揃った花材を並べてみると、白(ハイドランジア)緑(テマリソウ、ノバラ)黒(コニカルブラック)で、

結局いつもの私好みの色合わせ (^▽^;)

さすがに自分でももう少し違う色を選べなかったのかと思いましたが、今回はこれで揃えてしまったので、このまま活けることにしました。



見飽きた色合わせだったことはさておいて、花材の組み合わせはそんなに悪くなかったように思います。

ハイドランジアとテマリソウで作ったツートンカラーのかたまりが自分では気に入っています ( ´艸`)



アジサイと言えば、いま出回っている切り花に秋色アジサイと呼ばれるものがあります。

シックなアンティークカラーで、私の憧れの花✨

どうせなら、そういう季節ものの花にすれば良かった?

と、それはそうなんだけど、お店で売っているようなカッコいい秋色アジサイは結構なお値段なんですよね。

良いと思うものはやっぱり高いのよ ┐(‘~`;)┌