ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

ドライになってしまった花材で花活け


3カ月ほど前、ちょっと興味を惹かれて購入した葉もの花材が2つありました。


1つはグレビレア バイレヤナ。

これは以前から気になっていて、いつか買おうと思っていたものです。

葉の色が表と裏で全く違うのが特徴で、葉裏はゴールドと言えるような茶色になっています。


もう一つはアンブレラファンです。

名前の通り、傘を広げたような形のシダ植物です。

葉の付き方がなんともユニークでオシャレ🎵


さてこの2つの花材ですが、何か目的を持って買ったわけではなく、そのためすぐに活けることにはなりませんでした。

まあ、そのうち適当に合いそうな花材を見つけて活けることにしよう、なんて、のんびり構えていたのですが、

「そのうち」はいつまでたっても訪れず...

そうこうするうちに、両方ともドライになってしまいました💦


時々あります、一度も使わずに花材をダメにしてしまうこと😔

理由は色々あるんだけど自分の怠慢から来ている場合も多くて、そのたびに罪悪感に襲われています。


だけど朗報!

今回の2つについては、ドライになっても花材としての価値は失われていませんでした。

いや、むしろドライの方が味があったりして?

最初ドライになり始めた時は、またやってしまった!と落ち込んだのですが、ここに来て俄然やる気が出てきました💪


試行錯誤の結果、前回使ったハイドランジアも足すことにして、


何となくアレンジらしきものに仕上がりました。



かなりボリューミーだったハイドランジアは小さく割って使っています。

グレビレアとアンブレラファンは生の時は一緒に使うという発想が無かったのですが、意外にもドライになったら葉の反り具合が良い感じに合いました👍



実は後になって、グレビレア バイレヤナとアンブレラファンはドライ向きの植物で、ドライ花材としても販売されているものだと分かりました。

なので今回の使い方も特別なことではなく、な~んだ、というような話なのですが、私としては元々2つともフレッシュな状態の時に活けるつもりでした。

特にアンブレラファンはドライになる前の姿が非常に魅力的です。

これは再トライしたいかな。

とにかく今度手に入れた時はとっとと活けるようにしたいと思います╭( ・ㅂ・)و