ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

思わぬおまけで花活け


先月のとある日、近所の馴染みの生花店へ行ったら見事に花が無くて、完全に夏枯れ状態でした。

そこはもともと他店に比べると花数が少ない店なのですが、

その日はさすがに「花屋がこんなに地味で大丈夫なのか?」と心配になるほど。


これは困ったなー😔

それでも折角来たんだし、何かないだろうかと見渡していたら、美しい白のデンファレが目に留まりました。



普通より長めのデンファレなので、茎がしなって綺麗なカーブを描いています。(全体が写っていないためカーブが分かりませんが💦)

とりあえず、これがあって助かった😆



このデンファレに合わせることになったのはアジサイの葉です。



実は、これは店先に生えていたのを店のご厚意で切り取ってくれたもの。

つまり売り物ではありません🙅‍♀️

しかも店のご主人が切ろうとしたのはアジサイに巻き付いていた蔓性の枝で、

それが上手く外せなかったためアジサイごと切る羽目になったという、言ってみればアジサイは全く意図しないおまけでした。


ところが実際に活け始めたら、選んでくれた蔓性の枝より、むしろおまけでやってきたアジサイの葉の方がしっくり合う感じ。

皮肉な話です😅

どうせ他に合わせるものも無いし、これで仕上げることにしました。



アジサイと言ったら当然花を活けるもので、葉だけを活けることは普通ありませんが、

意外と今回のような使い方もありだな、と思いました。

思いがけないおまけで、思いがけない収穫だったかも👍



なお採用しなかった蔓性の枝は、店のご主人いわく、何の木だか分からない、勝手に生えている雑木だそうです。


葉っぱはこんな感じです。


花を扱うプロが分からないというんだから、私に分かるわけはなく、いまだに謎のままの植物です🤔