ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

年を越したアジサイ

昨年最後の稽古で使ったアジサイ

ブログでもそのアジサイで一つ作品を作りました。

写真だとあまり伝わらないかもしれませんが、シックな濃い紫がとても魅力的なアジサイだったので、できるだけ長持ちしてほしいと願っていました。

その願いが通じたのか、無事に年を越して、購入から3週間近くたった今でも元気です。

アジサイは水揚げが悪いと相場が決まっているので、こんなにあっさり生き延びると、かえって拍子抜け。

寒い時期だから持ちが良いのか、もともと品質の良いアジサイ(生産者さんが優秀で、花屋さんの水揚げ処理もgood)だったのかわかりませんが、とにかく嬉しい想定外です。

感謝の思いで、再び活けてみました。

なんだか使い古しの花材ばっかりですね ^^;


正月花で使ったハボタンも、恐ろしいほど衰え知らず。

このまま花まで咲いてしまうんじゃないかと思うほど生き生きしています。

紅葉したアイビーは、昨年11月に活けた後、捨てずに花瓶に入れておいたものです。

紅葉部分は変わらぬまま、そのうち緑の新芽が出てきて、しっかり根まで生えてきました。
早く土に戻せと言わんばかりです。やっぱり 捨てちゃダメ?


いけばな教室の初稽古はまだ先なので、それまで年末の花材に助けてもらうことになりそうです。