ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

そのまま捨ててしまうのは忍びなかったので

先日花屋さんで買ったパック束の中にナノハナがあったので、それで何かアレンジを仕上げようと思いました。

ところが活けるより前に、私の不注意で花首からポッキリと折れるはめに😱

そんなぁ~(;ω;)

サービス品の花とはいえ、買ったばかりで何もしないうちからダメにしてしまうなんて最悪です。

バラとかだったら浮き花にする手もあるけどナノハナはそれ向きじゃないし、これはもう捨てるしかないか..と思ったものの、

花は綺麗に咲いてるし、つぼみだってついています。

これは折れる前の写真です。

どうにも諦めきれないので、何とかして活けてこの失敗をリカバーすることにしました。


合わせる花材は家にあったドラセナとアオモジに決定。

ドラセナはドラセナっぽくない形のゴッドセフィアナ(別名スルクロサ)です。

これは何かの花のパック束に入っていたもので、私にとってはおまけの花材。

花活けに使うこともなく、半月以上何となくわが家にいました。


アオモジは今が旬の花材です。

とても紛らわしいのですが、緑のつぶつぶは実ではなくつぼみです。


実を言うと今回のナノハナはたまたまパック束に1つ入っていたというだけで、これを目当てに買い求めたものではありませんでした。

しかも折れてしまってちゃんと使えるかどうか分からないし、これのために新たに花材を買い足すなんてありえない。

最初から何とも後ろ向きな話で、全く期待薄の花活けになりました(‐∀‐;;

ナノハナの活け方については、茎がほとんど無いのでこれしかやりようがなかったですね。

本来なら主役級のアオモジは、ナノハナの控えにまわってもらいました。

唯一良かったのは、ドラセナがようやく役に立ってくれたことかな😅


今回はとにかくナノハナの救済が目的の花活けでした。

仕上がりとしては、今の私の力ではこれが精一杯。

これも修行のうちと考えて、今後花の取り扱いには重々注意していきたいと思います(ー▽ー)