ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

レアな実もの花材に出会いました


先日、いつもお世話になっている生花店へ久しぶりに出かけました。

今だと紅葉の枝とか実ものとか、何かしら秋らしい花材があるはず...

そう思いながら店に入ると、見慣れない赤い実を付けた枝が真っ先に目に入りました。


この実は一体何? 初めて見るんですけど🤔


答えは、サンシュユ(山茱萸)の実でした。


サンシュユと言えば春に黄色の花が咲く花木で、春の代表的な花材の一つです。

ちょっと分かりづらい写真ですが、一つ一つの花はとても小さいです。


そしてこのサンシュユ、花材として出回るのは花の時季だけで、それ以外で見かけることはありません。

植木でサンシュユを見ている人にとっては珍しくもない実でしょうけど、あの小さな黄色の花がこんな艶々の赤い実になるなんて、ちょっと驚きです😮


レアな花材に出会ってすっかり気を良くしたところで、これに合わせる花材を2つ選びました。


カクレミノの枝と


変わり咲きのアルストロメリアです。


アルストロメリアはとてもメジャーな花材ですが、この変わり咲きタイプは珍しく、私も使うのは初めてです。

花はこの後あまり大きく開かないそうで、これ凄く私好みかも♡



サンシュユの実といい変わり咲きのアルストロメリアといい、心惹かれる花材を手に入れて、活ける前からテンション上がってます😄



今回のサンシュユの実は、店のご主人でさえ仕入れの時に何の実か分からず聞いたくらいで、それほど通常は入荷しない商品ということでした。

しかも「誰も買う人がいなくて売れ残っていたから、自分が引き取ってきた」そうで(笑)

こんな素敵な花材なのになんで買わないの?と不思議に思うけど、

何はともあれ、これを仕入れたお店には大感謝!

よくぞ引き取ってくれましたー😆