ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

八重咲きのユリを活ける


前回のセルリアを買った店で、今度は八重咲きのオリエンタルリリーを購入しました。



オリエンタルリリーというとカサブランカのような大輪の花を連想しますが、これはそれに比べると半分ほどの大きさ。

可愛らしいうえに、白い花弁の重なりがうっとりするほど美しい花です✨


実は私が店に入った時、ちょうど先客の女性がこの白ユリを選んでいるところで、結果残りが1本となってしまいました。

閉店間際だったし、その日はとりあえず残った1本を買って帰ったのですが、

もう1本欲しかった!😫という思いが次第に強くなり、翌日にもう一度店に行ってみると、

そこにあったのは色違いのピンクの八重咲きで、これもまた1本だけでした。


店の人に聞いたら、白はもう売り切れとのこと😔

仕方がないのでピンクを買うことにしました。



仕方がないなんて言ってごめんなさい🙇‍♀️

ピンクも十分素敵です♡


ここに何か他の花材を足しても良かったのですが、これと言って合わせたいと思うようなものも見当たらなかったので、

今回はこの2つのユリだけで活けることにしました。



この八重咲きのオリエンタルリリーの注目すべきところは、花弁の重なりの美しさに加えて、ユリの特徴である長いしべと茶色の花粉が無いことです。

それによって一重のユリとはだいぶ印象が違うものになっています。

大輪の八重咲きも形態としてはこれと同じで、花粉が手や服に付かないで済むのはちょっと嬉しい😄



八重咲きのユリは年々出荷量が増えているようで、地元の商店街の小さな店でも目にするようになりました。

とは言っても日常的に手に入るというほどではないので、見つけたらすぐ買った方が良いかと思います。

お値段は多少高めですけど😅