ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

秋に楽しむノリウツギ


今回の花活けはアジサイの仲間であるノリウツギを花材に選びました。


ライムライトという品種のノリウツギです。

ノリウツギアジサイの後から咲き始め、開花期間は7~9月くらい。

そしてこのライムライトは、最初の頃のライムグリーンから日が経つにつれて色が変化していき、秋になるとピンク色が混じってきます。

今回入手したものはこのピンク色が出てきた状態です。


ちなみに昨年夏にもライムライトを活けているのですが、その時はクリーム色に近い色でピンクの気配は全くありませんでした。



このライムライトにはガーベラを合わせてみました。

ライムライトのピンクを意識して、渋めのピンクと差し色になる赤の2種類を選びました。


使用した花材は以上です。

物足りなく見えるかもしれませんが、ライムライトはかなり大きく、花(本当は萼片)の付いている部分だけで長さが40cm以上ありました。

1本を切り分けて、それだけで活けてもいいくらいのボリューム。


さて花材は揃ったし、

と、ここまでは良かったのですが、なんと活け方でつまづいてしまいました😫

自分でもこれはちょっと、と思うような結果になり、

正直、公開するのはやめようかとギリギリまで迷うほどで💦



これを見た私の身近な人間の反応は、

..う~ん..まあ、こんな活け方もあるんだろうけど...

というものでした。

至極まっとうな感想ですね。

活けた本人が、???と思っているくらいなので😅


ライムライトをもう少し思い切って切り分ければ、別のアプローチでうまく行ったのかもしれないけど、

活けている途中でもずっとそう思っていたけど、

どうしても鋏を入れる勇気がなくて、こういうことになってしまいました😔