ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

落とした葉っぱで花活け


前回使用したキイチゴは、買った当初はたくさん葉が付いていました。


それが出来上がった作品ではずいぶん風通しの良い姿になっています。


結局、残した葉より切り落とした葉の方が多くなってしまいました。

どれも綺麗で立派な葉っぱだったのに、ああ、もったいない😫


落とした葉をそのまま捨てるにはどうにも忍びなく、

そこで、その中から花活けに使えそうなところを選んで活けることにしました。


今回キイチゴに合わせた花材は2つ。

一つは白のトルコキキョウです。

八重咲きでちょっとゴージャスな感じ。

昔は一重咲きのものが多かったですが、今はむしろ八重咲きの方が主流になっているような気がします。


もう一つの花材はグリーンスケール。

空き地などに生えているコバンソウ小判草)に似ていますが、それとは別物です。

コバンソウがその名の通り小判形の穂で膨らみがあるのに対し、グリーンスケールの穂はペタッとして全く厚みがありません。



今回は前回のアレンジで取り除かれてしまった葉の、いわば敗者復活戦みたいな花活けですが、出来上がりはこんなものになりました。



色的に地味~😅だけど、グリーンスケールの穂がひらひら揺れることもあって涼し気なアレンジになったと思います。



今回使ったキイチゴの葉は茎に付いている状態で、花材としてちゃんと成り立つものでした。

一方、茎から外して葉だけになったものは、水に触れる部分を多くしないと持たないし、使い方がかなり限られてきます。

ドライにするという手もあったと思うけど、そうすると家が片付かないのでね。

結局彼らにはそのまま退場してもらうことになりました。ごめんね🙏