ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

幸せ気分にしてくれたギボウシ

いけばなで花に触れる機会がどんなに多くなっても、素敵な花を手に入れた時の嬉しさは変わらないものです。

前回のスモークツリーとその前のアジサイを一緒に購入した時も、美しく魅力的な花材にダブルで出会えたことでかなりテンション上がりました(≧▽≦)


しかもその時はもう一つ、私を幸せ気分にしてくれたものがありました。

斑入りのギボウシの葉です。

これは欲しいと思ったものの1枚しかなかったので、購入するのにしばし迷っていたものでした。

ところがお店の方から「最後の1枚なのでお付けしますよ」というありがたいお言葉が!

なんとなんと!天にも昇る思い \(★^∀^★)/

というわけでその日の花材は、ダブルどころかトリプルのヒットとなりました。


前回スモークツリーの管理に失敗してこの幸せ気分に水を差してしまいましたが、お店の方のご厚意を無駄にすることがあってはいけません。

スモークツリーを活け終わった後、ギボウシの花活けに取り掛かりました。

一緒に手に入れたブルーのアジサイはすでに一つ作品にしていますが、


今度はそのアジサイギボウシと組み合わせてみることにしました。

1枚しかないギボウシを、なるべく美人に見えるように向きに気を配って活けたつもりです。

たった1枚であっても存在感がある葉だったので、シンプルだけど貧相な花活けにはならずに済みました。



過去記事でも書いたことですが、少し前に見切りをつけた花屋がありました。

直接のきっかけは不良品を堂々と混ぜ込んできたことでしたが、実はその前から色々疑問を感じるところがあって次第に足が遠のくようになっていました。

その代わりによく利用するようになったのが、今回ギボウシをプレゼントしてくれた店です。

ここは花のセンスが良いし品質も確か👌

ただ、その分ちょっと価格が高いので、それまで積極的に利用することはありませんでした。

でも安かろう悪かろうの店からこちらに移ってみると、大事なのは価格じゃなくて品質だ!と遅まきながら痛感しました。

そこへきて明らかになった決定的な客対応の違い。

もっと早く気づくべきだったけど、あの塩対応が逆にいい結果を生んでくれたと思って感謝です✨