ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

もうすぐ雛祭りなので今回の花材はモモ

週末に商店街を歩いていたら、花屋さんの店先に並んでいるモモの花が目に入りました。

そういえばもうすぐ雛祭りだった🎎

ここで思い出すなんて、いかに私が雛祭りとは縁のない生活をしているかバレるというもの (´∀`;)

しかも最後にモモを活けたのはいつのことだったか、思い出せないくらい昔のことです。


だったらここらでモモを活けるのもいいかしら🤔

そう考えて、久しぶりにモモを手にすることになりました。

この写真ではつぼみばかりですが、この後どんどん開花しました。

いかにもお雛様にふさわしい可愛らしいピンクの花です。


ただ私がいけばな初心者だったころに受けたモモの印象はあまり良いものではありませんでした。

当時は今とは違う教室に通っていたのですが、稽古で渡されたモモは花が少ないうえに、つぼみが最初から紫色に縮んでいて開花しないような酷いものだったのです。

第一印象ってやっぱり大きいですね。

稽古用の花材はそんなに良いものは回ってこない、と分かるようになった今でも、モモの悪いイメージはずっと引きずったままでした。


そんなわけで長年モモを活けずに来てしまったのですが、今回のモモは稽古花材ではなく、商品としてお店で売っているものだけあってさすがに綺麗です。

これは結構期待できるかも o(^-^)o

早速活けてみました。

予定外にモモだけ衝動買いしたため合わせる花材も無く、そのまま一種いけになりました。

モモのつぼみはちょっと触っただけで落ちるので、用心深くあまり手を加えずに活けています。


花材が一種類だけだとスッキリする一方、変化に乏しく面白味の無い作品になる恐れがあります。

今回の作品に関しては、もともとの枝が短めだったので小振りになり、良く言えばシンプルでシャープ?😅

いずれ機会があったら、もっと大きくて華やかな作品にも挑戦してみたいと思いました。


なお花材として売られているモモはあまり固いつぼみだと開かずに終わり、過去の私のように苦い思いをすることも多いようです。

その点、今回のモモは調子よく次々と開花してくれて、とても状態の良いものでした。

おかげでモモのマイナスイメージはだいぶ払拭されたし、

活けて良かったモモの花 \(^o^)/ だったかな。