ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

どのくらい持つの?と聞かれた花

前回ボケに合わせてスイセンを活けましたが、稽古の時にボケと一緒に使ったのは全く別の花でした。

それは緋色のランのレナンセラです。

オンシジウムデンファレなどのランと同じくお手頃価格で手に入り、花屋さんだけでなくスーパーのパック束でもよく見かけます。

花色は他にオレンジや黄色がありますが、一番ポピュラーなのはこの写真のタイプ。

こういっては何ですけど、一般的に出回っているレナンセラは、コチョウランやカトレアのようなお高いランと違ってあまりにもありきたりなので、どうもありがたみを感じません(あくまで個人の感想です^^;)。

でも鮮やかな花が沢山つくおかげで、1本あるだけでも十分効果が期待できる花ではありますね。


このレナンセラに合わせる花材として、ボケはもう役に立たないし、新たに何か手に入れなければと思って、デンファレとストックを購入しました。

デンファレはレナンセラ以上によく目にするランです。

デンファレは赤紫(濃いピンク)のものがよく出ていて、よくタイ料理とかに添えられたりもするので、ご存知の方も多いはず。


もう一つのストックはたぶん誰でも知っている昔からある花。

10月~4月頃まで出回る花です。


そしてこれらの花材を合わせて、赤+紫系のアレンジにしてみました。

同じ赤い色つながりで、何と昨年末使ったレッドウィローも登場。

例によってなかなか捨てられなくて、ここに来てやっと使い切りました。
あー、スッキリした\(^o^)/


レナンセラは活けると案外オシャレですね。

ありきたりなんて言って申し訳なかったですヾ(^-^;)

さらに言うと、正直ストックにはそんなに期待していなかったのですが、こうしてみると薄紫の花がなかなか良い感じではありませんか。

自分の好きな花色だからそう思うのかな?


ところで今回のレナンセラ、このアレンジを仕上げた時はすでに購入から10日経っていました。信じられない持久力!

総じてランの花は長持ちします。

それで思い出したのが以前友人から「ランってどのくらい持つものなの?」と質問されたこと。

誰かにプレゼントでもするつもりなのかと思ったらそうではなくて、お葬式でもらったランの切り花が1か月たっても衰えないので驚いているという話でした。

もらったのはどうやらデンファレだったようですが、友人が言うには「もらった場所が場所だけにいつまでも枯れないのはなんだか気味が悪い」とのことで。

確かにそういうシチュエーションだと分からないでもないですね。

そんなことがなくてもランの花を気持ち悪いという人もいるし、実際私も美しいというより不気味だなと思うランが多々あります。

だけど普通だったら花持ちが良いと喜ばれるのに、枯れなくて怖いと言われてしまうランも随分気の毒なような...(;^△^)