ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

今年もさよなら ☆ ビオラとパンジー

皆様GWはいかがお過ごしでしたか?

私は何だかよくわからないうちに終わってしまいました。

前回お話しした通り、当初の目的だった家の片付けも、休みに入った途端すっかり気が抜けてしまったせいで計画は早々に頓挫。

まあ計画っていうほどのものでも無かったですけど。

それでも全く進展がないままではあまりにも情けないので、一か所でもいいから手をつけようと考え、

結果、ベランダの花を片付けることにしました。


うちにはごくごく狭いベランダしかありませんが、それでもいくつか鉢を並べて植物を育てています。

その中で、冬に植えて今まで花が咲いていたのがパンジーとビオラです。

この2つについては先月の花活けで花材として使いました。

毎年寒い時期はパンジーかビオラを植えているのですが、この花たちはベランダを明るくするだけでなく、花活けの花材が足りないときにもとても活躍してくれます。

そんなお役立ち植物にお疲れ感が出てくるのが毎年今頃の時期。

今年も、先月急に暑くなってから一気にだらしない姿になりました。

そこでこれを機に刈り取って、最後に花活けして終わりにすることにしました。


振り返ってみると昨年も同じことをしていました。

昨年はビオラだけでしたが、今年はビオラとパンジーです。

それぞれ別に活けてみました。

まずはビオラから。黄色とオレンジの2種類です。

黄色の方は濃淡の色合いがお気に入りでした。

次はパンジー。こちらは一種類のみです。

これは一目見てツートンカラーが美しい!と思って購入したものです。


両者とも最初は他の花材と合わせようと思ったのですが、今回はこの2つが主役なのでそれぞれ単独で活けることにしました。

にしても、ちょっと簡単すぎましたか?


いつものことながら器のレパートリーが少ないので、花活けするにも器が結構悩みの種になっています。

今回は苦肉の策で、キッチンの食器類を組み合わせて花器にしてみました。

何とかなったという感じですが、アレンジがシンプルなので花活けというより器の展示みたいになってしまいました ヾ(^-^;)


さて今回のビオラですが、昨年苗を買って植えたあと、大雪が降ったときにほとんど凍死状態になりました。

毎年同じような目にあっても必ず復活してきたので大丈夫だろうと思っていたのですが、今回はなかなか立ち直る気配がなく、さすがにもう駄目か、と諦めるほどの重症でした。

でも寒さが緩むにつれ徐々に復活。

本格的な春になると、何事もなかったように元気に花咲いてくれました。

一方のパンジーは今年になってから購入したものです。

花屋の店先でやけに元気な姿で目立っていて、雪が降っても全く影響なくずっと元気なままでいてくれました。

見た目は可愛らしい花だけど、なんて生命力の強い花なんだろうとつくづく感心しています。

丈夫で手間のかからないパンジーとビオラは、園芸下手な私にはとてもありがたい植物。

これからも毎年たくさんお世話になることと思います ^^