ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

ときどき意表を突くスーパーの花

先日スーパーの生花コーナーに、「本日のおすすめ品」の表示がついた何やら白い物体があるのに気が付きました。

一体あれは何?と近寄ってみると、なんとそれは白い綿に包まれたコチョウランでした。

その店は間違っても高級スーパーなどではなく、むしろ安さを売り物にしている雑多な雰囲気のところです。

こんなところでまさかコチョウランに出会えるとはヽ(≧▽≦)ノ"

花を買う予定は全くなかったけど、他の買い物を早々に切り上げていそいそと買ってしまいました😊


予想もしなかった花を手に入れた後、今度は花屋さんでグリーンのアンスリウムを購入しました。

このところアンスリウムに目が行く傾向があって、ちょっと色合いが違うものを見つけるとつい買ってしまいます。

これはピンクの混じったグリーンの苞もさることながら、花(中心の棒状部分)が綺麗なピンク色というところに魅力を感じました。


そういうわけでアンスリウムは花そのものが気に入って買ったものですが、コチョウランに合わなくもなさそうなので一緒に活けてみることにしました。

だけどコチョウランアンスリウムだけではちょっと厳しい...と、ここで思い付いたのが家にゴロゴロしていた枝。

これは昨年の台風で折れてしまった実家のムクゲの木の枝を白くペイントしたものです。

ペイントする前の枝を以前活けたことがありました。



枝は何本かあってその後活躍の場もなかったので、今回の花活けに一役買ってもらうことにしました。

コチョウランは花を分けて使う活け方もあったのですが、最初から切ってしまうのが惜しくて、まずはそのままの姿で活けてみました。

ちなみに正面からは見えない後ろ側にもアンスリウムが入っています。

ただこのアレンジでコチョウランに合わせる花としてはちょっと違ったかな? 別の花の方が良かったかもしれません。


さてコチョウランと言えば贈答用の高級花のイメージがありますが、実際お高くて、鉢植えで数万円、中には百万超えのものもあったり、また切り花でも1本1000円以上したりします。

そういうものに比べると今回のスーパーの花は品質的にだいぶ劣るんでしょうね。何しろたったの400円だったので ^^;

でも自宅用だったらそれで十分👌

しかも値段の割に傷の無いしっかりとしたものだったし。

このスーパーは普段はそれなりの花しか置いてないのに、突如として意表を突いた当たりの花を出してくるので全く油断できません😅