ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

いつもと違う店で買った花

普段家で活ける花を選ぶときは、それほど深く考えずに花屋さんで目についたものを買うことがほとんどなのですが、今回はどういうわけか何一つ買おうと思う花に出会えませんでした。

特別こだわりを持っているわけではないので、いつもだったら適当なところで妥協するんですけどね。

気分が乗らないということだったのか、商店街の花屋さんを何軒か回ってみたものの、結局あきらめて帰ることにしました。


それでも帰る道すがら、どうにかして花が手に入らないかとグズグズ考え、

と、そこで、すっかりその存在を忘れていた店があったことを思い出しました。

それは住宅街の中にあって実はうちから一番近い店なのですが、裏手のほとんど通らないところにあるのでまず立ち寄ることはありません。

でもこの際だから、と藁にも縋る思いで訪ねました。

結論から言うと、思い出して良かったです。

後から考えると商店街の店にも置いてあった花だったかもしれませんが、とにかく気持ち的に買いモードに入っていたのでそこで一挙に問題解決することになりました。


まず一つ目に買った花はエピデンドラムです。

鉢植えでも人気のランですね。

これこそ他の店にもあったかも (;^_^A


次に緑のものが欲しいと思ってエメラルドウェーブを購入しました。

シダ植物のタニワタリの一種で、欧米ではクリスピーウェーブと呼ばれています。

タニワタリは花活けでも人気の花材で、葉の縁がゆるやかに波打っているのが特徴の葉ものですが、エメラルドウェーブはそのタニワタリの品種改良で生まれた日本オリジナルの品種だそうです。

ビックリするくらいの強いウェーブが面白いですよね。


さて、何はともあれ花材が揃ったところで早速活けてみました。


先日アスターと一緒に使ったドラセナも入っています。


ドラセナの間に何かもう一つ欲しいと思ったのですが、また花材を買いに行く気力が無くてここで手を打ちました( ̄∇ ̄)


活けていてどんなものに仕上がるか分からないのはいつもの通り。

結果が分からないところにワクワク感があって面白いと感じているところもあります。

でも今回はいつにも増して行き当たりばったりでした。

とりあえず手ぶらで帰らずに済んで良かったワ、と思いながら出来上がったアレンジ。

いくら予測不能が楽しいといっても、次回からはもう少し余裕をもって花材を見極めたいものです😄