ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

平成の花材は平成のうちに

いよいよ今日で平成も終わりですね。

これまでは特に感慨に浸ることもありませんでしたが、いざこの時を迎えるとやっぱりグッとくるものがあります。


さて一方、時代が変わるという大きな区切りでもあることだし、この際頑張って断捨離に励んで平成時代に溜まったものを処分する良い機会ではないかと考えました。

そうなると私の場合まずスッキリさせたいのは、いつものように中途半端に残った花。

前回お話ししたスーパーで買いだめした花がまだ残ってました。


一つは紫のモカラ。

見るからにぐったりしていて半額になるのも無理はない状態でしたが、少しケアすれば回復するだろうと踏んで強気で購入したものです。

結局その見通しは甘かったのですが(T_T)


もう一つ残っていたのが淡いブルーのデルフィニウム

素敵な花なのになぜか使い損ねていました。


寒色系の2つで色合わせとしては悪くないのですが、さてここからが問題。

他に花材が何もないので、これだとそのまま器に入れるしかありません。

花を整理してるのに花材を買い足すなんてもってのほかだし、もう諦めて花活けはやめようかと思った時、一つ役に立ちそうなものを思いつきました。

そして気を取り直して活けたものがこちらです。

一緒に入っている枝は、昨年秋の台風で折れてしまった実家のムクゲの木の枝です。

ちょうど幹の真ん中辺りでポッキリ折れて、上半分が木の皮一枚でぶら下がっている状態でした💦

見るも無残な姿だったのですが、折れた枝をどうするのか聞いたら「どうやって捨てようか考えているところ」との返事。

それなら花活けに使えるかもしれないし私が貰っていくわ、ということになりました。


今回の花活けでは枝のペイントも考えましたが、そんなことをやっているうちにモカラがダメになりそうだったのでそのまま使いました。

考えてみれば平成最後の花活けだし、もう少し華やかな花が残っていたら良かったかなー(´ω`)

でもとりあえず花は片付いたので、今回はこれで良しとしたいと思います。


今回使ったムクゲの枝は貰ってきたもののほんの一部です。

かさばるし結構重くて邪魔なのですが、将来何かに使えたらいいなと夢見ているのでゴミとは思っていません。

その夢の実現がいつのことになるやら、そこがまた問題ですけど (;^_^A

なお折れたムクゲの本体の方は、丈夫な木だからそのうち復活するだろうということで抜かずにそのままになっています。

先日見たら、期待通りちゃんと新芽が出ていました!

元のような美しい花が咲くようになるまで何年かかるか分かりませんが、まずはめでたし、めでたし😊