ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

花材も在庫一掃したい

前回のリースを作ることで、余っていた花材を有効利用することができました。

でもそこで使ったのはほんの一部。

レッドウィローユーカリも本当はまだまだ残っていて、家の中を占領したままになっています。

レッドウィローは細いからまだいいとして、ユーカリの方はとにかくかさばって大変。

なのに貧乏性が災いして、なかなか捨てられません。


余っていた花材と言えば、過去に使ったコブシの枝もまだ残っています。

もともとは今年の1月の稽古で使ったもので、枝の形が面白いので、いずれ何かに使えるのではないかと思って取っておいたものです。

邪魔、という点ではユーカリの比ではなく、これこそずっと置き場所に悩まされてきました。

何とかしなくてはと思ってハロウィンの時に少し使ってみたりはしましたが、在庫が多すぎてほとんど解決には至らず。

しかしいよいよ今年も終わりという時を迎え、果たしてこのまま年を越していいのか?と強く反省しました。

ここは思い切って在庫一掃を!p(・∩・)q


ということで、いつものように、捨てる前の最後の花活けです。

コブシの枝は白くペイントしました。

トナカイの角を意識してみたのですが、どうでしょう?

ボール状のグリーンは前回のリースで使ったヒムロスギです。

これも稽古花材の半分ほどが残っていたので、丸くギュッとまとめて、めでたく全部使い切りました。

ポイントとなっている赤は先日の鉢花のポインセチアです。

結構切り花として使ってしまったので、肝心の鉢の方はもう見る影もありません。お役目ご苦労様、といったところでしょうか。

あとは着色したマツカサやワタカラなどのオーナメントたち。

これは毎年活躍するものなので、在庫一掃の対象ではないですね。


年末になると「今年の○○は今年のうちに」という言葉をよく聞きますが、何か大きな区切りが無いと家の中もなかなか片づけられません。

最初に話したユーカリですが、水につけておいても一部ドライになってきました。

ドライになったユーカリをリースに使ったりする人もいるけど、元来マメじゃない私にはそんな素敵なことができるわけもなく^^;

なのでユーカリも今年中に処分しようと思います。

だけどレッドウィローについては断捨離とはいかなさそうな予感。

レッドウィローについて「水引みたい」という感想を寄せて下さった方たちがいらっしゃいましたが、レッドウィローは長持ちするし、あわよくば正月にも使えるよね、というエコ精神(笑)が頭をもたげています。

結局すべての花材を断捨離とはいかないようで..

まあ、エコと断捨離は繋がっていると言うし、いいのかな\(^o^)/