ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

残りもの花材も寄せ集めてクリスマスリースを作ってみました

先日のアカヅルを土台にして、遅ればせながらクリスマスリースを作ってみました。

ベースとなるグリーンには今回の稽古で購入したヒムロスギを使用。

クリスマス時期に俄然出番の多くなる花材の一つです。

毎年12月に入ると、教室でもクリスマス関連の花材が登場するようになります。

なので大きな声では言えませんが、12月の稽古はそれを当てにして行っているところがあります。

おかげさまで今回はヒムロスギを手に入れることができました^_~


このヒムロスギのほかに、前回のユーカリとレッドウィロー、そしてその前に使ったハンノキの実もリースに入れ込むことにしました。

完全にありあわせの花材ですけど、一応完成。

もともと家にあったシルバーのメタセコイアと白く着色したマツカサも入ってます。

ハンノキの実、目を凝らさないと分からないかも^^;

本当はベースにもっと色んなグリーンを使って変化を出したかったのですが、教室でリースに使えそうなものが他になく、かといってわざわざ花屋さんに買いに行くほどのやる気も無いので(困ったもんだ)、ヒムロスギだけで妥協しました。

いい加減な作りだけど残りものの花材でも何とかなるものねー

と思っているのは私だけ?


今回は思ったほど教室にクリスマス花材が無くてだいぶ当てが外れたのですが、それでもそこにあったのがモミノキでなくて幸いでした。

本当はモミノキが一番クリスマスらしくてテンション上がるものだとは思うし、人気のある花材であることは確かです。

でも前に活けたコウヤマキと同じく、モミノキもヤニが凄く手に付くんですよね。

それに葉がとげとげして痛くて、手袋でもしないとやってられません。

マツ科の植物だから致し方ないのですが...と思ったら、お正月はマツが待ってました!

クリスマスはうまく切り抜けたけど、正月のマツは欠かせませんからね。

結局ベタベタとイタイタは避けられないようで(‐∀‐;;