ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

あの器が再び登場

この間、買い物がてら花屋さんをのぞいたら、面白いケイトウを見つけました。

ケイトウはこれまでにも形の違う様々な種類のものを活けてきましたが、今回注目したのは形ではなく色です。

オレンジと赤の2色咲きのクルメケイトウです。

一つのクルメケイトウに違う色が混じっていることは時々あるのですが、私が今まで出会ったのはほんの少し混じっている程度で、とても2色咲きと言えるようなものではありませんでした。

ただ写真などでは、ピンク&赤紫とか、黄色&ピンクなどといった色々な2色咲きを見たことがあるので、もしかしたらそんなに珍しいものではないのかもしれません。

とは言え、私にとっては初対面の花。
そのままスルーすることはできず、いそいそと買ってしまいました。


ついでに、ケイトウに合わせる花材としてグロリオーサも購入。

グロリオーサは前にも使いましたが、私の大好きな花です。

それと同じ束に入っていたソリダコも合わせて使えるかも...

という恐ろしくテキトーな花選びでアレンジを仕上げました。

よく考えたらグロリオーサの花も赤と黄色の2色咲きですね。

グロリオーサを買ったのは単に大好きな花が安くなっていたからなのですが、こうしてみるとそんなに悪くない選択だったかなと思っています。

なお2色咲きのケイトウは手前の方だけで、奥にあるケイトウはオレンジ一色のものです。


ところで花活けに使ったこの器、覚えている方もいらっしゃると思いますが、昨年100円ショップで買った調味料入れです。

一度これで花活けして、大いに役立ってくれました。

その後活躍する機会がありませんでしたが、今回のケイトウを見ているうちにこの入れ物のことを思い出し、久々の登場となりました。

花材の花色と器の水玉が同調するように思ったのですが、どうですかねー?

期待したほどではなかったような (゚_。)?

でもこの器そのものは期待以上で、本来の目的では全く使っていないけれど、手放し難い一品になっています。

100均の魅力は価格もさることながら、なかなかの掘り出し物が見つかるというところに醍醐味がありますね。

とか言って、ついつい無駄なものを買ってしまうのも事実。

くれぐれも買いすぎには注意しましょう;^ω^)