ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

シャクヤクの花の咲き時

先日予定より多くシャクヤクを買い込んだおかげで、我が家も珍しく華やかな空間へと変貌しました。

一本でも十分豪華で香りも良く、そのうえお手頃価格で手に入るというシャクヤクは、つくづくコスパの高い花だと思います。

そんな良いことづくめのシャクヤクですが、一つだけ難点があります。

それは開花のタイミングをはかるのが難しいということ。

シャクヤクを活けたことがある方なら経験済みだと思いますが、切り花のシャクヤクは咲き始めると満開になるのが非常に速く、そしてその後はあまり長くは持ちません。

私の今までの感覚からすると、満開から2、3日後に終わってしまう確率が高いです。

となると長く楽しむためにはつぼみの段階で購入するのが良いわけですが、シャクヤクはつぼみの期間がとても長く、買った時点で開花までどのくらいかかるのかがよく分かりません。

咲くまで一週間以上待つこともあり、咲いたら咲いたで花の命は短くて...開花に関してシャクヤクはなかなか難しいところがあるのです。

まあ自分用の花なら、そういうものだと割り切って買えばいいだけの話ですけど。

とりあえず私は購入する時、つぼみの他に開きかけのものを少し混ぜるようにしています。

ちなみに前回のアレンジで満開になっているシャクヤクはその2日後に全壊しました ^^;


残りのシャクヤクはまだつぼみでしたが、幸いにもその後それほど待たずに開花して、次の花活けを楽しむことができました。

これは咲ききっておしまいになる寸前のものなので、だいぶ花弁が怪しい感じになっています。


満開になった後のシャクヤクですが、その終わり方はちょっと見もので、まだ綺麗なうちに一斉に花弁がバラバラと落ちていきます。

また大量の花弁が降り積もった景色もかなりインパクトがあり、と同時に、捨てるのはもったいなーい!と思うような美しさがそこにはあります。

そのためいつも、この花弁を何とかしたい、という誘惑にかられ、

そして今回も花弁をかき集めて器に入れてみました。

これはアレンジではなく、単純に花弁を鑑賞するだけのものです。

濃いピンクのシャクヤクの束の中になぜか少しだけカスミソウが入っていたので、それを一緒に入れてみたものの、量が少なすぎてアレンジといえるようなものにはなりませんでした。

実は今回のシャクヤクは、薄いピンクと濃いピンクの2種類だと思っていたのですが、花を並べてみたら、薄いピンクの方はさらに濃淡2種類あったことがわかりました。

こうして並べてみると色が3色あることがはっきりわかると思います。


ところで前回、縦型と横型の2つのアレンジの写真をアップしたところ、両者を比較されてコメント下さった方々がいらっしゃいました。

アレンジに迷いがあった私にとっては本当に有り難いことです。

そしてなんとその方々は全員、横バージョンの方を推されていました。

自分としては行き詰って投げ出した感のあったアレンジでしたが、最初にひらめいたものの中により良いものがあったみたいですね。

いつものことながら自分では判断できなくなることが多いので、皆様のご意見、ご感想は大変勉強になり、励みになります。

ありがとうございました(≧∇≦)

おかげで漂っていたモヤモヤが解消され、スッキリしました!