ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

今年も花活け続けます

三が日も過ぎて正月気分も抜けつつありますが、

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。


昨年は最後に風邪をひいて、一年の締めくくりが情けないことになってしまいました。

そんな中で慌てて買った花材ですが、正月花に使わなかったものがあります。

頭がぼーっとしたまま、とりあえずマツとハボタンがあれば正月らしくなるだろう、くらいの考えでほとんど無計画に買ってしまい、正月花を仕上げたところで気力もダウン。

使わなかった花材は手つかずのままになっていました。

でも新年早々、このままじゃいかん! と反省。

おかげさまで風邪もだいぶ治ってきたので、放置していた花材で花活けしてみました。

バラは、正月花がマツとハボタンだけじゃ地味だと思って、華やかさを足すために買ったのですが、結果使わなかったので意味無かったです ^^;

今回使ったマツはネビキマツ(根引き松)。

根っこごと抜けるマツなのでネビキマツと呼ばれ、根が付いたまま販売されます。
値引き松じゃないです、念のため。

前回使ったダイオウショウも好きなマツだけど、ネビキマツはいかにもマツらしい枝ぶりで、しかも根が付いているのが私の中ではポイント高い。

マツに限らず、根が付いている花材を見ると、何だか創作意欲がわいてきます。

しかもネビキマツの場合は、正月花で根を見せて活けると縁起が良い、という話も。

なので、是非とも根を活かしたアレンジにしたかったのですが、今回のマツは小振りで根も貧弱だったため、デザイン的に納得できるものにできず断念しました。


前回の正月花よりシンプルなアレンジですが、明るい感じになったでしょうか。

新しい年も、明るく、より良い年になるよう願っています。