ECOな花活け生活

何は無くとも部屋は明るく! 極力お金をかけずに花を飾る暮らしを模索中

スーパーで買った花

再び家に花が無くなったので、調達に出かけました。

先日お休みだった「こだわりの花屋さん」に行ってみると、めでたく開いてはいたものの、こだわりが強い分、ちょっとお高くて手がでない花ばかりでした。

よく言えば通好みでオシャレなんだけど、もう少し気軽に買える花も置いてほしいなー、と思いながら、静かに退店。

また商店街の花屋を巡ることになったのですが、何だかどの店もいま一つで、これといって買おうと思う花に出会えませんでした。

今日はあきらめてスーパーで買い物して帰ろう。

そう思ってスーパーに入ると、目の前に花が・・・

いえいえ、入り口に花コーナーがあるのは知っていたのですが、今までは目もくれずに野菜コーナーに向かっていたんですね。

花のことばかり考えていたせいか、珍しく花コーナーに目が留まり、よく見れば、さっき回った花屋のものとあまり変わらない花揃え(ちょっとダサいけど)。

しかもスーパーゆえに、価格もリーズナブル ♡

これってもしかして、窮すれば通ず? 

というわけで、生まれて初めてスーパーで花を買ってみました。

デンファレ、バラ、雪柳。

花束は2種類買ったのですが、このデンファレの入った束は消費期限(?)が近かったようで、半額になっていました。

真っ白なデンファレに深紅のバラ、という日の丸みたいな色の取り合わせ。

自分だったらあまり選ばない配色ですが、なにしろ半額だし(デンファレとバラが各2本+緑で150円!)、その割にデンファレの白がとても綺麗で魅力的だったこともあって購入しました。

与えられた花材で活けるというか、今回のように、ある意味他人が選んだ花材で活ける、というのも新たな発見があっていいですね。

花に限らず、自分の好きな同じようなイメージのものばかり、知らず知らず選んでしまうことが多々あるので、いつもと違う視点で冒険するのも必要かと。

もう一つ買った花束については、また後日。