ECOな花活け生活

何は無くとも部屋は明るく! 極力お金をかけずに花を飾る暮らしを模索中

夏の花 ☆ ケイトウ

夏の花、というと何を思い浮かべるでしょうか?

ヒマワリ、アサガオサルスベリ、ハイビスカス・・・等々

その中で、ケイトウも代表的な夏の花の一つと言えますね。

ケイトウ(鶏頭)は花の形が鶏のトサカに似ているところからその名がついたわけですが、園芸品種が多く、トサカ系以外に、ふさふさした柔らかい花穂の羽毛ケイトウや、円錐形の花穂のヤリゲイトウなどがあります。

そして先日のお稽古で、綺麗な赤色のクルメケイトウに出会いました。

クルメケイトウはトサカケイトウの一品種で、花が球状になるのが特徴です。

緑葉のドウダンツツジと並べて、くっきりアレンジにしてみました。

現在、花苗の主流は羽毛ケイトウやヤリゲイトウで、昔からあるトサカ系は切り花で見る以外はだいぶ少なくなってしまったようです。

花色についても、原種の赤のほか、ピンク、黄色、オレンジなど、様々な色を見かけるようになりました。

でも私の場合、ケイトウというとトサカ系のイメージが強く、濃い赤で形がちょっとグロテスク、という印象があるので、黄色の羽毛ケイトウなんかを見ると、これケイトウじゃない! と、いまだに思ってしまいます。

最初の印象ってなかなか消えませんね。

それとも私の頭が固いの?