ECOな花活け生活

何は無くとも部屋は明るく! 極力お金をかけずに花を飾る暮らしを模索中

冬の寒さはつらいけど、花は長持ちして家計にやさしい

3月かぁ。もう春ですね。
やっと暖かくなると思うと嬉しい限り。
2月は寒くて、お花のお稽古サボってしまいました。というか、行かないですむ理由をいつも探しているのですが。

お花を始めたのは学生時代の部活動から。
特に興味があったわけではなく、何もやっていない私を見た母親から、「ブラブラしてるなら、お花でも習ったらどうなのよっ!」と言われたのがきっかけでした。

それから長い長ーい月日が経って今日に至ります。
サボり魔で、ブランクだらけのいけばな歴ですが、完全にやめることなく続けてこれたのは、実に不思議。

話はそれましたが、先月サボった結果、部屋に飾るお花は1月の稽古花で何とかつないでおりました。

だけど寒いおかげで、花材の持ちが良くて助かったんですよね。
例えば1月に使ったグロリオーサ。
草花系は夏場だと数日持てば良い方かと思いますが、2週間後でも頑張ってくれました。

こんな感じ。

f:id:akokura:20170308000705j:plain

いわゆるグロリオーサの花色と違う?
新色ではありません。
実はこれは全部、入手した時にはまだ咲いていませんでした。
そのとき開花していたものはさすがにちょっと黒ずんできたので廃棄。

咲かずにダメになるかも、という予想を裏切ってちゃんと咲いてくれたので、何だか得した気分でした。
ただ最初から咲いていたものに比べると色は薄いし、茎の部分も弱かったですね。