ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

今年の稽古、始まりました

先日ようやく、いけばな教室の初稽古に行ってまいりました。

新年早々こんなことを言っては何ですが、寒がりの私にとって、寒空の夜に教室に向かうのは正直気が重いです。

サボっちゃおうかなー、と何度思ったことか。

それでもなんとか教室にたどり着くと・・・

明らかにいつもより人が少ない (x_x)

ですよねー

こんな寒い日は、とっとと家に帰って、温かい晩ごはんを食べてぬくぬくしたいって、誰でも思いますよ。

と、ひとしきり心の中で愚痴った後、粛々と?花活けを開始しました。


お正月なのでおめでたい感じにしようと思い、赤い枝のサンゴミズキをまず選択。

寒くなると枝が鮮やかな赤(珊瑚色)になるミズキ科の植物で、花材としては、秋の落葉後から新芽の出る春先までの、赤い枝だけの状態で出回ります。

今の時期だと、多分どこの店でも手に入るポピュラーな枝ものです。

今回はそれに赤いバンダを合わせました。

バンダは主として東南アジア原産のランです。

バンダというと、私は美しい青紫色の網目模様のものを思い浮かべてしまうのですが、花色は結構豊富で、ブルー系の他にも赤、ピンク、オレンジ、黄色、白など様々あります。


赤い枝に赤い花で、おめでたいアレンジになったでしょうか?

赤い敷物までして、めでたさ無理やり強調 (^^ゞ


サンゴミズキはとても柔軟性のある枝なので、かなり曲げてもバキッと折れることはないです。

色の美しさに加えて、そうした形の作りやすさもあることから、展覧会で使用する人も多く、とても人気の花材になっています。

一方のバンダは今回初めて使いました。

なかなかゴージャスで、ちょっと贅沢気分になりました。

なにせ普段がお手頃花材ばかりなもので、この程度で豪華な花!と思ってしまいます。

情けない ^^;

アンティークの器で花活け

昨年からときどきお世話になっている地元の花屋さん。

そこは手頃なサービス束を店頭にたくさん出しているので、花ものが足りない時に重宝しています。

でも昨年末には必要最低限のものしか買いませんでした。

再三お話ししているように、花材を選ぶ気力が無かったこともあるのですが、もう一つの理由は、年末になると花の価格がドーンと上がるから。

母の日のカーネーションと同じ現象ですね。

まあ致し方ないのかもしれませんが、通常の3,4割増しになってしまうとちょっと引いてしまいます。


そして年が明けて、同じ店をのぞいてみると、年末の花が一気に半額に!

ならば、と年末に見て印象的だったスイートピーをまず買うことにしました。

赤紫と淡いピンクのツートンカラーのスイートピーです。

青紫系の濃淡のツートンは見たことがあるのですが、赤紫は初めてでした。
もしかして結構出回ってるものなんでしょうか?

パステル調の可愛らしい色が多いスイートピーのイメージからすると、かなりシックというか、色合わせも難しそうな気がしましたが、欲しいと思った時に買うのが一番。

ついでに、ここ数年手にしていなかったアネモネも購入しました。

するとアネモネと一緒に束に入っていたヒペリカムが、これまた随分とシックな渋い赤。

スイートピーと合わせると、ちょっとアンティークな色合いになりました。

アレンジに使った器は、以前から気になっていたアンティーク雑貨のお店で最近購入したものです。

アンティーク=高価、のイメージがあり、しかもそこは路面店でないこともあって、どうにも入りにくかったのですが、新年とともに意を決して入ってみました。

中へ入ると、思ったよりこじんまりしているものの、イギリスのアンティークを中心に買い付けているというお店は、ダウントン・アビーを思い起こさせるような佇まい。

食器、アクセサリー、ランプ、と見ていて飽きないものばかりでしたが、その中でとりあえず陶製で花を挿せるもの、ということでお願いして、いくつか良さそうなものを選んでもらいました。

いろいろ迷った結果、最終的に今回のものに決定。

写真では全然わからないと思いますが、色はグレーで取っ手とその周りがちょっと凝っています。

形としてはシンプルなので、どこにでもありそうに見えるかもしれないけど、探すと意外と無いんですよね。

これもやっぱり、欲しいと思った時に買うのが一番、だと思って購入しました。

お店の様子が分かったので、次回からは気軽に立ち寄れそうな気がします ^^

年を越したアジサイ

昨年最後の稽古で使ったアジサイ

ブログでもそのアジサイで一つ作品を作りました。

写真だとあまり伝わらないかもしれませんが、シックな濃い紫がとても魅力的なアジサイだったので、できるだけ長持ちしてほしいと願っていました。

その願いが通じたのか、無事に年を越して、購入から3週間近くたった今でも元気です。

アジサイは水揚げが悪いと相場が決まっているので、こんなにあっさり生き延びると、かえって拍子抜け。

寒い時期だから持ちが良いのか、もともと品質の良いアジサイ(生産者さんが優秀で、花屋さんの水揚げ処理もgood)だったのかわかりませんが、とにかく嬉しい想定外です。

感謝の思いで、再び活けてみました。

なんだか使い古しの花材ばっかりですね ^^;


正月花で使ったハボタンも、恐ろしいほど衰え知らず。

このまま花まで咲いてしまうんじゃないかと思うほど生き生きしています。

紅葉したアイビーは、昨年11月に活けた後、捨てずに花瓶に入れておいたものです。

紅葉部分は変わらぬまま、そのうち緑の新芽が出てきて、しっかり根まで生えてきました。
早く土に戻せと言わんばかりです。やっぱり 捨てちゃダメ?


いけばな教室の初稽古はまだ先なので、それまで年末の花材に助けてもらうことになりそうです。

今年も花活け続けます

三が日も過ぎて正月気分も抜けつつありますが、

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。


昨年は最後に風邪をひいて、一年の締めくくりが情けないことになってしまいました。

そんな中で慌てて買った花材ですが、正月花に使わなかったものがあります。

頭がぼーっとしたまま、とりあえずマツとハボタンがあれば正月らしくなるだろう、くらいの考えでほとんど無計画に買ってしまい、正月花を仕上げたところで気力もダウン。

使わなかった花材は手つかずのままになっていました。

でも新年早々、このままじゃいかん! と反省。

おかげさまで風邪もだいぶ治ってきたので、放置していた花材で花活けしてみました。

バラは、正月花がマツとハボタンだけじゃ地味だと思って、華やかさを足すために買ったのですが、結果使わなかったので意味無かったです ^^;

今回使ったマツはネビキマツ(根引き松)。

根っこごと抜けるマツなのでネビキマツと呼ばれ、根が付いたまま販売されます。
値引き松じゃないです、念のため。

前回使ったダイオウショウも好きなマツだけど、ネビキマツはいかにもマツらしい枝ぶりで、しかも根が付いているのが私の中ではポイント高い。

マツに限らず、根が付いている花材を見ると、何だか創作意欲がわいてきます。

しかもネビキマツの場合は、正月花で根を見せて活けると縁起が良い、という話も。

なので、是非とも根を活かしたアレンジにしたかったのですが、今回のマツは小振りで根も貧弱だったため、デザイン的に納得できるものにできず断念しました。


前回の正月花よりシンプルなアレンジですが、明るい感じになったでしょうか。

新しい年も、明るく、より良い年になるよう願っています。

どうにか仕上げた正月花

年末の一番忙しい時に、不覚にも風邪をひいてしまいました。

おかげで大晦日までに終わらせるはずだったことがほとんど出来ずじまい。 参りました (>_<)

もちろん大掃除はさっさと諦めて、

問題は正月花。

掃除はいつでもゆっくりやれば良いけど、正月のお花は逃れようがないですからねー。

仕方がないので、お花屋さんまで花材を仕入れに行きました。

本当は花材もゆっくり選びたいところでしたが、もう頭が回らなくてそんな余裕も無く、手近にあったものをササッと買って、

それに最後の稽古で使ったナンテンも加えて、

何とかそれらしくまとめてみました。

ハボタンにキク、マツはダイオウショウ(大王松)です。

ナンテンがあって助かったー!
まさに難を転じてくれました。 本当に縁起物ですね ^^


ハボタンの葉で小さいおまけを作りました。

葉脈が器の模様と似てるかな、と思ってほんのお遊び。


半端もののような小さなマツの枝も売っていたので、それで正月飾りも作ってみました。

ぎりぎりセーフで、どうにか一夜飾りにはならずに済みました。


一年の終わりが、まさかこんなバタバタになるとは 思いもしませんでした。

でも今年の春に人生初のブログを始めて、何とかここまで続けてこれたのも予想外のことだったかもしれません。

これも素人の花活けに付き合って下さった皆様のおかげです。

本当にありがとうございました ♡


それでは皆様、くれぐれも風邪には気を付けて ^^;

良いお年を!

年末なので花材も整理

クリスマスも終わり、あとはいよいよお正月の準備ですね。

花活けの方も、正月花や正月飾りを作るのが恒例になっているので、これから結構面倒くさいことになります。(スミマセーン、罰当たり!)

でもその前に

正月の準備といえば、まずは大掃除。

部屋をスッキリさせるために、花材も整理しなければと思いました。

最初に片付けたいのは稽古で使った花材の残りです。

通常、稽古花材は生の植物なので、ドライにしようなどという欲を出さなければ、それほど時間をおかずに捨てることができます。

であれば、いま手元にある花材もさっさと処分すれば良いわけですが、いかんせん、どれもまだ元気なんですねー。

なので、最後に花活けしてからお別れすることにしました。

緑の枝はクリスマスリースに使ったクジャクヒバの残り、ツリーの土台にしたイトスギも少しだけ入っています。

おそらく年が明けても元気なんじゃないかと思っていますが、そこは目をつぶってサヨナラ (╥_╥)

アジサイは今年最後の稽古で使ったものです。

本当は、マツとか正月花用のものに絞って花材を選ぼうと思っていたのですが、濃い紫のアジサイがあまりにも立派で印象的だったので、どうしても欲しくなってしまいました。

できれば、これはこのまま年を越してほしいと願っています。 無理かなー?


もう一つ小品ですが、これは確実に処分できると思ったサンキライの実を使って作ってみました。

今回ツリーに使って、クリスマスに使うサンキライは赤い実、と思い込んでいたものを茶系の赤もなかなかいいね ♡ と教えてくれた花材でした。

似たような色でサンキライと並んで入っているのは、カンガルーポーです。

スプレーカーネーションと一緒に地元のお花屋さんで購入しました。

カンガルーポーは形の面白さが好きで、このままドライになるし、見つけたら買おうと前から思っていた植物です。

ということはドライにする気?

まったく、物を減らしているんだか、増やしているんだか (>_<)


どちらのアレンジも、どういうふうに活けようとか考えず、その場の成り行きで作りました。
過去の作品も大体ありあわせの花材で作っているので、もともとそういう傾向にはあるのですが。

どうやら私はこういう行き当たりばったりの方が性に合っているみたい。

逆に、前回のクリスマスツリーのように作るものの形が決まっていて、ちょっと工作的要素が入ってしまうものは苦手です。

思えば子供のころから工作ダメだった ^^;

なにはともあれ、いつものいい加減なアレンジに戻れてホッとしました 。

小さなクリスマスツリーを作ってみました

前回リースを作ったので、その流れから行くとツリーも作るべき? とクリスマスを目前にして思いました。

でも考えたらクリスマスツリーなんて、ずっと昔フラワーデザインのレッスンを受けていた時に何回か作ったきりでした。

というか、そもそもうちにはツリーを飾る習慣が無かったかも!

クリスマスのディスプレイと言えばツリーとリース、なんて言っておきながら、何なんでしょうね。

小さなコニファーを買ってきて、適当にオーナメントで飾り付け、くらいなこともせず、せいぜいクラフト的なものが手に入ったら飾る程度。

ましてや自分でツリーを作るなんて、考えもしませんでした。

しかし! ブログを始めてみて、いかに自分が稽古の時しか花に向き合っていなかったのか思い知らされ、強く反省!

いままでの手抜き生活を改めるためにも、ここはひとつツリーを作ってみようと決心いたしました。(そんな大層なことじゃないんだけど)


再び稽古でクリスマスに使えそうな花材を選んだので、それを使って作ることにしました。

ここはいままで通り、稽古花材だけでクリスマスを乗り切ろうとしています ^^;

ツリー本体を形作っているのはイトスギ、それにサンキライの実とゴールドに着色したドウダンツツジの枝で飾り付け、さらに手持ちのマツカサとメタセコイヤを加えました。

今回のサンキライは渋めの色のものが多くてちょっと暗いかな、と思ったのですが、使ってみるとシックなイメージになって、かえって良かったような気がします。


イトスギは別名セイヨウヒノキ、サイプレスとも呼ばれるヒノキ科の針葉樹です。

ゴッホの絵にもよく登場しますね。

欧米では街路樹や公園でよく見られ、円錐形になる木なのでクリスマスツリーに使われる一方、死にまつわる色々な伝説があって、死の象徴として墓地や教会に植えられることが多いとのこと。

お墓なんて聞くとエッ!と思いますが、神聖な木であることは間違いないようです。

確かにヒノキ科のスッキリした香りがして、ツリーを作っている間、何だか神聖な気分になったというか、森林浴でリフレッシュしたような感じになりました。


作品の出来はともかく、ツリーがあるとやっぱりクリスマス度が上がりますね。

作った甲斐がありました ^^