ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

同じ仲間の植物でも立場は色々

花活けの花材として、時々空き地や道端の雑草を調達してくることがあります。

このブログでも過去にナズナエノコログサなんかを活けたりしました。

そういうわけで私はとてもお世話になっている雑草ですが、庭や畑の雑草に悩まされている人にしたら迷惑以外の何物でもないですよね。


そんな困り者の雑草の中にカヤツリグサというものがあります。

ちょっと調べてみたら、数々の雑草の中でも最強と言われる非常に厄介な植物らしいのですが、今回の花材はこのカヤツリグサと同じ仲間のシペラスでした。

シペラスはカヤツリグサ科シペラス属の総称で、そのシペラス属には700種ほどあり、日本のカヤツリグサもそこに含まれます。

花材や園芸用となるシペラスにはいくつかあるのですが、今回のものはその中でもよく出回っているマダガスカル産のシュロガヤツリという品種になります。(花材としてはシペラスの名で売られています)


そしてこのシペラスは、茎の部分が以前活けたフトイとそっくり。

それもそのはず、フトイもカヤツリグサ科の植物でした。

フトイと同じタイプということは、折り曲げちゃったりできるんですねー (^∀^)v

で、早速曲げて活けてみました。

ちょっと分かりにくいですが、透明なガラスの器に入っています。

オレンジ色のグラジオラスと合わせてみました。


グラジオラスは誰もが知っているポピュラーな花なのに、意外と活けることは少なかったかも。

何本かまとめてガラスの器に放り込んだだけでも十分美しい花ですね。


例によって購入から数日たっているので、シペラスの緑の先端が少し変色しています(^^ゞ

この緑の葉のように見えるものはつぼみを包む苞と呼ばれるものなのだそうですが、傘のように開いた苞によってフトイとは違う面白さが生まれ、なかなか興味深い花材だと思いました。


今回は前回のツルソケイの曲線を生かしたアレンジとは真逆で、カクカクとした直線のアレンジになりました。

シペラスやフトイのような真っ直ぐな茎を曲げたりするのは花活けの世界では当たり前のようにやっていることですが、見る側からするとあまり好まれない場合もあるかもしれません。

でもその植物でしかできないことがあるとやっぱりやってみたくなる。

そこに新しい発見もあったりして、それが花活けの楽しさの一つだと思っています。

流れるようなラインのアレンジ

花活けで花材を選ぶとき、私は結構迷います。

あらかじめどういうものを活けるか決まっていたり、花屋さんで目についたものを買う場合はいいのですが、問題はいけばな教室に行ってその場で花材を決めなければならない時です。

事前にこういうものを活けたいと思っていたとしても、その日に期待通りの花材が稽古場にあるとは限らないので、結局は出たとこ勝負にならざるを得ません。

さっさと決められる潔い人もいる一方、私はいつもグダグダして出だしから時間を浪費してしまいます。

だけどそんな私でも、たまに意外とあっさり決まる場合があります。

それは、ちょっと活けてみたいと思わせるような面白い花材に出会った時。

今回の花材はまさにそういう類いのものでした。

ツルソケイというモクセイ科ソケイ属の常緑低木です。

常緑なので本当は緑の葉が付いているものなのですが、今回は葉を取った状態のものが売られていました。

なお、いけばな花材でいうところのツルソケイは、ウンナンオウバイ雲南黄梅)とかオウバイモドキと呼ばれるもののことです。

春にウメに似た花が咲くことから名前にオウバイと入っているそうですが、ウメとは関係なく、ジャスミンの仲間で美しい黄色い花を咲かせます。

そんなツルソケイ、ツルの動き具合が見事です。

写真のツルソケイは、稽古で先端を切ったり蔓を少し間引いたりした後のものなのでちょっと寂しくなっていますが、本当はもっと先の方まで長く綺麗なカーブを描いていました。


そして、このツルソケイのお相手に選んだ花材は淡いピンクのカラーでした。

カラーはスラリとした長い茎も特徴の一つです。

それとツルソケイを合わせてみるとこんな感じになりました。

全体的に横に流れるようなラインを作りました。

ツルソケイの枝とカラーの茎のカーブがちょうどハマった気がします。

ツルソケイの葉が付いていたらまた印象が変わり、それはそれで美しいはずですが、葉が無いと枝が描き出す自由奔放なラインがより強調されると思います。


今回のツルソケイのようにはっきりした個性を持つ花材はとても魅力的な存在です。

中には、自然の姿のまま何も手を加えなくても芸術的、という花材もあり、そういうものを活けた時は自分の腕が一気にレベルアップしたような気分になります。

まあ、あくまで錯覚ですが(‐∀‐;; 

一方、強い個性に太刀打ちできずにお手あげ、という花材もあり、自分の未熟さにガッカリすることもしばしば。

それでもそうして様々な花材に向き合っていくうちに、少しずつでもその扱い方が分かってくるのではないかと期待しています。

実際、そうでないと困るし (^_^;)

最後のつぼみまで咲いたユリ

今月2回にわたって活けたオリエンタルリリー。

購入したのは1本だけでしたが、花はつぼみを含めて全部で5輪ついていました。

買った時点で咲いていたのは2輪。

その後次々とつぼみが開き、そして最後の一つまで綺麗に咲いてくれました。

さすがに後から咲いたものは、最初の花に比べるとだいぶ小振りになりましたが。

聞くところによるとカサブランカ(やっぱりこのユリはカサブランカだと思っている)のつぼみの開花率はかなり高いようです、というか必ず咲くらしい。

花の種類にもよりますが、切り花のつぼみは咲かずに終わったり、咲いたとしても弱々しかったりすることが多いので、これだけちゃんと咲いてくれると気分爽快\(^o^)/

ここまで咲いてくれたのなら、花活けも最後まで付き合ってあげなくては、と思いました。


合わせる花としては、最初にオリエンタルリリーと一緒に活けたスカシユリがまだ健在だったので、これを使うことに決定。

実はスカシユリも1本に5つ花が付いていてそのうち4つがつぼみだったのですが、結果的に綺麗に咲いたのは2つだけ、あとはうまく咲かずに萎れてしまいました。

最初からやや弱り気味の印象があったので、まあそんなものかなとは思いましたけど。

そして合わせる花材としてもう一つ、これも以前アンスリウムのアレンジで使ったアレカヤシを再利用することにしました。


ということでこの3つを合わせたアレンジが出来上がりました。

あまり見えませんが後ろ側にもユリがいます。

オリエンタルリリーは、最初に咲いていたものと大きく違うところがあるのに気づきましたか?

一目瞭然、つまり雄しべの茶色い花粉が付いたままなのです。

ご存知の方も多いと思いますが、ユリの花粉は服についたものをこすってしまうとなかなか取れません。白い壁なんかに付いても厄介です。

なので日本の花屋さんでは開いているユリの花粉は取り除いて販売していることが多く、特にカサブランカのような純白の花弁の場合、花粉が花弁に落ちてしまうと非常に汚らしくなってしまうため必ず花粉は取ってあります。

ただ花粉があるとないとでは花の印象がかなり変わってしまうことも確か。

花粉があってこそユリの花というところもあるので海外の花屋さんでは取らないらしく、そこは判断の分かれるところですね。

自分の印象としては、花粉が無いと柔らかいイメージでエレガントさが増す感じ、あると力強さと共にややカジュアルな感じ、かな。

ヒバと活けた時は最初から咲いていた花粉無しの花を使いましたが、ゴージャス感を出したかったのでちょうど良かったと思っています。

対して今回のデザインは花粉が無いと間が抜けてぼやけた印象。花粉があることによって全体が引き締まるだろうと判断しました。


このオリエンタルリリーは他の花に比べてだいぶお高かったんですけど、立派な花が全部咲いてくれたことを考えると案外お買い得かもしれません。

それにこれだけ使い倒せば、しっかり元は取れた気がするし。

だけどさすがにユリはもういいかなー

見ている方も飽き飽きでしょうけど、活けてる方もうんざりです ( ̄◇ ̄;)

当分ユリの登場は無いですね。
しつこいアレンジにお付き合いいただきありがとうございました m(_ _)m

ハロウィンカラーで花活け

一か月以上前の話になるのですが、いけばな教室の稽古で非常に個性的な形の花材を使いました。

フォックスフェイスです。

初めて見る人にとっては、何だこれ?という感じですよね。

フォックスフェイスは南米原産のナス科の植物で、この黄色い不思議な形のものはフォックスフェイスの実です。

ナスの仲間ではありますが食用にはなりません。あくまで観賞用です。

いけばなでは実もの花材としてよく使われ、そのユニークな形に加えて水が無くても非常に長持ちするということで展覧会でも重宝されていて、とても人気の高い花材になっています。

この写真のフォックスフェイスはまだ青い部分が残っている実もありますが、色は次第に黄色からオレンジへと変わっていきます。実の大きさとしては長さが5~7cmといったところでしょうか。

で、これをひと月以上ほったらかしておいたものがこちら。

しっかりオレンジ色になりました。

色は変われど全く弱ることなく、いたって元気な実です。


さて一方、今回の稽古では濃い紫色のトリカブトを使いました。

トリカブトと言えば、有名な毒草!

ミステリー小説でも定番のアイテムですね。実際にトリカブトを使った殺人事件もあったりして (||゚Д゚)

そんな怖い猛毒植物ですが、切り花として出回っています。

毒があろうが活ける、花活け界ではよくある話です。花自体はとても綺麗ですしね。


この紫のトリカブトとオレンジに色付いたフォックスフェイス..とくれば、もしかしてハロウィンカラー?

期せずしてタイムリーな色合わせ ( ノ゚∀゚)ノ

すっかりその気になって、両者を合わせて活けてみました。

一緒に入っている枝は今年の初めに使ったコブシです。

まったく古い花材をいつまで抱え込んでいるんだか ┐(´д`)┌

我ながら困ったものですが、コブシの枝先のくねり具合にハロウィンっぽい雰囲気があるかと思って使ってみました。

さらに言うと、オレンジと紫以外のハロウィンカラーである黒と白については、黒っぽいコブシの枝と白の器でクリアしたつもりです。

カボチャとかハロウィンを象徴するグッズを取り入れているわけではないので、言われなければこれがハロウィン仕様のアレンジとは思わないかもしれませんが、私としてはフォックスフェイスの独特の形が意外とハロウィンらしさを演出してくれたような気がしています。


ところでフォックスフェイスという名は、実の形がキツネの顔に似ているということから付けられたものです。

確かにキツネの顔に似てはいるけど、どうですかね?

他にも、実の基部にいくつも突起があるのでツノナス(角茄子)とか、色からの連想でカナリヤナスとか色々な名があるようですが、私は最初にこの実を見た時、何だかタコみたい、と思ってしまいました。

もしこれで色が赤だったら決定的じゃないですか?(笑)

いずれにしても一度見たら忘れないユーモラスな姿で、活けていてとても楽しい花材でした。

名前によってイメージが変わる花

秋の彼岸の頃に咲く花と言えばヒガンバナ

今年も各地で鮮やかな赤い花を咲かせていましたが、このヒガンバナと同じような時期に、ヒガンバナによく似た姿のリコリスという花が出回っています。

近所の花屋さんでも売っていたので買ってみました。

リコリスヒガンバナ科リコリスヒガンバナ)属の球根植物ですが、リコリスという名は学名で、リコリス属の園芸種の総称となっているそうです。

ヒガンバナもこのリコリス属の植物なので、リコリスの一種ということになります。

でも切り花として見た時、日本のヒガンバナと今回のようなリコリスは同じものではないので、名前を一緒にされてしまうとちょっと紛らわしいですよね。

ちなみに今回買った花屋さんでは、ヒガンバナリコリスはそれぞれ別物として販売していました。


さて購入したリコリスですが、前回のアレンジで使ったクジャクヒバの土台がまだまだ元気だったので、花をリコリスに入れ替える形で活けてみました。

前回のオリエンタルリリーのうち、後から咲いたものを一緒に入れました。

リコリスはもっと黄色のものが欲しかったのですが、その店には無かったため、やむなくこれで妥協。

ユリほどインパクトは無いにしても、リコリスは花が5,6個固まって丸い形になっているので、それなりに存在感があってヒバに負けずに頑張っていると思います。


今回はもう一つおまけ。

オリエンタルリリーも次から次へと咲いてくれたので、余ったリコリスと合わせて活けることができました。


ところで日本で咲いているヒガンバナは、お彼岸という時期に加え墓地に植えられていたりもするので、死人花とか幽霊花などという恐ろしい別名があり、日本では不吉な花として見られる傾向にあります。

一方、欧米ではリコリスが縁起が悪いなんて言うことは全く無く、むしろ人気の花として多くの園芸品種が栽培され、日本のヒガンバナも外国人観光客には評判がいいとか。

花そのものは個性的で美しいので、不吉を連想させる環境が無いのなら、好まれて当然という気はします。

もっとも日本の花市場においてもヒガンバナに対する扱いが変わってきたようで、以前は球根としては売っていても切り花を花屋さんで見ることは無かったのですが、今は真っ赤なヒガンバナが店頭に並ぶようになりました。

やっぱり間違っても死人花なんて怖い名前を付けちゃダメですね。

他にも縁起の悪そうな名前がいくつも付いていてイメージダウンも甚だしく、ヒガンバナにとっては本当に迷惑な話です。


なおハーブや漢方でおなじみの甘草(カンゾウ)も英語名でリコリスと呼ばれ、リコリスキャンディーなんかもありますが、あれはマメ科カンゾウ属の多年草ヒガンバナ科リコリスとは関係ありません。(読み方は同じでもスペルは違う)

ヒガンバナ科の方は有毒なので、口にしたら大変なことになります...やっぱり怖~い?(^▽^;)

ボリュームたっぷりの花材同士を合わせたら

10月に入ったということで、気が付いたら今年もあと3か月を切っていました。

毎年この時期になると思うことですが...1年はあっという間!

街中でハロウィーンものが出てくると、早くも追い立てられるような何かざわざわした気分になってきます。

そんな折、稽古場の花材の中にクジャクヒバを見つけました。

ヒバはヒノキ科の常緑針葉樹で、生垣や庭木でもよく見かける樹木です。

花活けでも使われることが多く、○○ヒバと名の付くものはいくつかあるのですが、その中で花材として一番ポピュラーなのがこのクジャクヒバです。

一般的にはクリスマスリースに使う枝として周知されているかもしれません。
実際、クリスマス時期になると一斉に店頭に並ぶようになります。

本当は一年中入手可能で、活けようと思えばいつでも活けられる花材なのですが、私もヒバというとどうしてもクリスマスを連想してしまうところがありますね。

なので稽古場で見つけた時は、もうクリスマスか!なんて思ってしまいました(^ω^`)


さてそんなクジャクヒバですが、枝が柔らかくて曲げ易く、細かな枝に葉が密集しているのでボリュームがあります。

そうなるとついつい丸めてみたくなる。

その結果、こんな形になりました。

50cm程度の短い枝を4本入れただけなのですが、結構な存在感です。

かなりどっしりした感じなので、これに合わせる花となると、どう見ても繊細な花では不釣合い。

考えた結果、この土台に負けない花、ということで今回はオリエンタルリリーを選びました。

一本でもゴージャス (≧∀≦)

これはカサブランカだと私は思ったのですが、店頭にはオリエンタルリリーと表記されていました。

そもそもカサブランカはユリの中のオリエンタル・ハイブリッドという園芸品種のうちの一つなので、オリエンタルリリーであることは間違いないです。

ただ同じオリエンタル系にカサブランカによく似たシベリアというものもあるので、もしかしたらそちらなのかもしれません。

いずれにしろ、今回のユリはカサブランカ同様の強烈な香りを放っていました。

良い香りではあるのですが、強すぎてとにかく私は苦手 乂(>◇< )

言ってみれば、狭い電車の中で香水のきつい人と隣り合わせになったような辛さがあります。

まさか私が自ら進んでこのユリを買い求める日が来るとは思いもせず、これをわざわざ家の中に持ち込むなんてありえないはずだったんですけどねー。

あっ、スミマセン。ちょっと言い過ぎました?

人気の花をけなして、いま多くの人を敵に回したような..(‐∀‐;;


何はともあれ、この花材を使って活けてみたのがこちら。

オリエンタルリリーの他に黄色のスカシユリも加えました。

なんだかんだ言ってもクジャクヒバに負けずにしっかり主張する花たちだったので、アレンジとしてはうまく収まったかなという気がします。

たまにはこんなボリュームたっぷりで、ちゃんと花を活けました!っていう感じのものも楽しいな、と思った花活けでした。

どうしても変えたくなって活け直し

穏やかな天気が戻ってきました。

台風24号は凄かったですね。皆様ご無事だったでしょうか。

当日、風の音があまりに凄まじいので恐る恐るカーテンを開けてみたら、目の前の通りにある3階まで届くような高さの交通標識が、強風にあおられてガタガタいっていました。

そのうち折れて吹き飛ばされるんじゃないかというくらい揺れていて怖かったー (Τ◇Τ;)

結局標識は飛ばされることなく無事乗り切ることができましたが、もしあんな大きな塊が飛んできたらと思うと今でもぞっとします。

ちなみに台風21号の時に、実家の庭木が幹の途中からぽっきり折れました。

大木ではないので珍しい話ではありませんが、それでも目の当たりにすると結構ビックリです。

住んでいる当人は、木が無くなったおかげで家の中が明るくなったと笑っていましたけど (^▽^;)


さて今回の花活けは前回のアレンジのリメイクです。

前回は2色咲きのケイトウを主役にと思って活けたのですが、出来上がったものを眺めているうちに、だんだんグロリオーサの方に目が行くようになりました。

そのうち、グロリオーサをもうちょっと違う感じに活けられないか、と思うようになり、

そうなるとどうしても活け直したくなって、再度チャレンジすることにしました。

同じ花材、同じ器なので目新しいものはありませんが、デザインは違うのでイメージは変わったかと思います。

変わりましたよね?(ほとんど強制 ^^;)

花材は前と一緒なのですが、ケイトウは2色咲きではなくオレンジ一色のものだけにしています。

そして問題のグロリオーサは花を2つに増やしました。


グロリオーサは別名「炎のユリ」と呼ばれるように、波打つ花弁のそっくり返った姿が炎のように見えます。

花色としては黄色、白、ピンクなどもあるのですが、一般的に一番出回っているのはこの赤と黄色のコンビです(赤の中でも濃淡など様々あります)。

前回はグロリオーサが宙に浮かんでいる感じ、今回は左右それぞれに炎がなびいている感じにしました。

自分としては今回のデザインの方が気に入っております。


ところで先月まで放映されていたドラマ「高嶺の花」をご覧になりましたか?

石原さとみさん主演で華道界を舞台にしたドラマでしたが、そのオープニングからこのグロリオーサがしっかり使われていました。

やっぱり見栄えがするんですよね。

見た目だけでなく花持ちも良いので、展覧会でも使う人多し!

単独で活けても良いし、沢山の花材と一緒に活けてもしっかり個性を発揮しているし、使われて当然という気がします。

おっと、褒めすぎ?

話がしつこくなりそうなので、この辺でやめときます(^_^;ゞ