ECOな花活け生活

何は無くとも花を飾って部屋は明るく!

初夏の花材で花活け

タイトルに初夏の花材と書きましたが、実は前回のビバーナム・スノーボールも初夏の花の時期に多く出回る花材でした。

そして今回使った花材も初夏に花咲く花木。普通に花屋さんで購入できるのは花の咲く時期だけとなっています。

白い小花が穂状に咲くコバノズイナという植物ですが、リョウブあるいはヒメリョウブの名で売られていることが多いかもしれません。

いけばな教室でもリョウブと呼んでいて私もそう覚えていましたが、本来のリョウブはこれとは違う植物だと後に聞いて、それからはなるべくコバノズイナという名前を使うようにしています。

ただ花材としてはリョウブで通じるので両方OKですけどね。


さてこのコバノズイナはたまたま出先の花屋さんで買ったものでしたが、これに合わせる花はもともと家にあったアルストロメリアにすることにしました。

前回のダリアのサービス束に一緒に入っていたもので、ピンクと白がありました。花弁が一部傷ついています💦


ダリアが目的で買った束だったので、おまけの花のアルストロメリアは花瓶に入れたまま正直持て余し気味でした。

でもこのピンクと白の花はコバノズイナと相性悪くないんじゃない?

ということにして花活けしてみました。

“初夏のいけばな”という感じ?

アルストロメリアはコバノズイナより4,5日前に購入したものだったにもかかわらず、つぼみもちゃんと咲いたし、鑑賞に堪えうる状態を保ってくれました。

なかなか優秀な花材だったんですね。

それほど思い入れのある花ではなかったのですが、見直しました。

一方のコバノズイナは以前から好きな枝もので、楚々とした爽やかな雰囲気にとても魅力を感じています。

このアレンジではまだつぼみの状態で地味ですが、花が咲けばもっと楽しい感じになる花材です。

と言いながら、今回のコバノズイナに関してはその後一向に咲く気配が無く、いまのところ枯れはしないものの果たして咲くかどうか分かりません ┐(^-^;)┌


今回の作品は、前回お話ししたGW中に活けたアレンジの2つ目のものです。

考えたら生の枝ものを活けたのは久しぶり。

前回のビバーナムも枝ものではあるけど、花の部分しか使わなかったし。

やっぱり枝を活けないといま一つ「花活けした!」という気分にならないんですよね。

何となくストレスが溜まっていたので、そのもやもやしたものが少し晴れてスッキリしました😄

大好きな色の花で花活け

長ーい連休が終わっていつもの生活が戻ってきました。

事前のアンケートによるとこの連休は自宅でゆっくり派が一番多いということでしたが、私もまさにその一人。

消費拡大とは全く無縁の10日間でしたね。


さて、ゆっくりしていたならさぞかし花活けもたっぷりできたんだろうと思いきや、こちらも全然でした。

休みのうちに普段できない掃除、断捨離に励もうと奮起したのが間違いのもと。

そればかりに時間をとられて他のことができなかったという、何とも残念なGWとなってしまいました。


それでも連休の初めのころにはまだ花を買う余裕があり、私の好きなビバーナム・スノーボールを手に入れることができました。

私好みのグリーン系の花で、スーパーで安くなっているのを見つけた時はテンション上がりました。

花が開いていくと次第に花色は淡いグリーンから白へと変わっていき、そこがまた非常に魅力的な花です。

なおアジサイのように見えますがアジサイとは関係ないスイカズラ科の植物で、日本で自生しているガマズミと同じ仲間です。


このビバーナム・スノーボールに合わせる花を求めて花屋さんへ向かいました。

店頭に並んでいた花で目についたのはピンクのダリア。

ダリアって見栄えのする花だとは思うんだけど、花持ちが良いとはとても言えないので、花活けに使うのはいつもちょっと躊躇してしまいます。

とはいえ存在感のあるピンクはビバーナムに合いそうだし、家で活けるだけだからいいかと思って購入することにしました。


さらに何か引き締まる色味の花は無いかと店内を見渡してみたら、濃い紫のヤグルマギクを発見。

この黒に近いような花色も私の好みです。


枝ものとか他にもう少し何か欲しいと思ったけれど、手近で手に入るのはどうやらこの辺が限界のよう。

諦めてこの3つの花材で活けることにしました。

水が下がり易いという花持ちの悪さで言うと、実はビバーナムもかなりの問題児です。

もともと茎に対して花が重いので垂れ下がる花ではあるのですが、特に今回はセール品だったので、いろいろ手を尽くしても花首がぐったりしてしまってどうにもなりません。

仕方が無いので短くカットしてお互いを支えあってもらうことになりました。


結局連休中に活けた花は今回のものを含めて2つだけ。

やるぞと決めた断捨離もどれだけ成果があったのやら。

相変わらず時間の使い方が下手な人間なんだと改めて悟った10連休でした。

なおもう一つのアレンジについては次回ご紹介できればと思っています。

平成の花材は平成のうちに

いよいよ今日で平成も終わりですね。

これまでは特に感慨に浸ることもありませんでしたが、いざこの時を迎えるとやっぱりグッとくるものがあります。


さて一方、時代が変わるという大きな区切りでもあることだし、この際頑張って断捨離に励んで平成時代に溜まったものを処分する良い機会ではないかと考えました。

そうなると私の場合まずスッキリさせたいのは、いつものように中途半端に残った花。

前回お話ししたスーパーで買いだめした花がまだ残ってました。


一つは紫のモカラ。

見るからにぐったりしていて半額になるのも無理はない状態でしたが、少しケアすれば回復するだろうと踏んで強気で購入したものです。

結局その見通しは甘かったのですが(T_T)


もう一つ残っていたのが淡いブルーのデルフィニウム

素敵な花なのになぜか使い損ねていました。


寒色系の2つで色合わせとしては悪くないのですが、さてここからが問題。

他に花材が何もないので、これだとそのまま器に入れるしかありません。

花を整理してるのに花材を買い足すなんてもってのほかだし、もう諦めて花活けはやめようかと思った時、一つ役に立ちそうなものを思いつきました。

そして気を取り直して活けたものがこちらです。

一緒に入っている枝は、昨年秋の台風で折れてしまった実家のムクゲの木の枝です。

ちょうど幹の真ん中辺りでポッキリ折れて、上半分が木の皮一枚でぶら下がっている状態でした💦

見るも無残な姿だったのですが、折れた枝をどうするのか聞いたら「どうやって捨てようか考えているところ」との返事。

それなら花活けに使えるかもしれないし私が貰っていくわ、ということになりました。


今回の花活けでは枝のペイントも考えましたが、そんなことをやっているうちにモカラがダメになりそうだったのでそのまま使いました。

考えてみれば平成最後の花活けだし、もう少し華やかな花が残っていたら良かったかなー(´ω`)

でもとりあえず花は片付いたので、今回はこれで良しとしたいと思います。


今回使ったムクゲの枝は貰ってきたもののほんの一部です。

かさばるし結構重くて邪魔なのですが、将来何かに使えたらいいなと夢見ているのでゴミとは思っていません。

その夢の実現がいつのことになるやら、そこがまた問題ですけど (;^_^A

なお折れたムクゲの本体の方は、丈夫な木だからそのうち復活するだろうということで抜かずにそのままになっています。

先日見たら、期待通りちゃんと新芽が出ていました!

元のような美しい花が咲くようになるまで何年かかるか分かりませんが、まずはめでたし、めでたし😊

無計画に買ってしまった花を活ける

稽古花材が無いため、このところスーパーでも花を買うことが多くなりました。

もともと安いうえに、入れ替えの周期が早いのか常に半額商品が出ているので、いまやスーパーは花屋さん以上に頼れる存在になっています。

スーパーだからオシャレな花とはいかないし、パック束の花の組み合わせも“何だかなー”というものが多々ありますが、失敗しても半額だと思えば気楽に購入できます。

と、そんな感じで深く考えずに買っていたら、何だかわけのわからない取り合わせの花でいっぱいになってしまいました💦

もしかしたらこれ、典型的な安物買いの銭失いかも「(。>ω<。)

全く恥ずかしい話です。

でも買ってしまったものはしょうがない。無駄にするのも悔しいので、その中からどうにかまとまりそうなものを選ぶことにしました。


一つ目はアレカヤシ。

パック束に入っている確率が結構高い葉ものです。


次に選んだのが2種類のキク科の花。

左の小花はマトリカリアで、右はマーガレットです。

同じキク科だからとは言え花の形が非常に似ていて、違うのは花の大きさだけのように見えますが、よく見ると花弁の形も違います。


さらにもう一つ使うことにしたのはオキシペタラム。別名ブルースターです。

私はブルースターの名で覚えてしまったため、オキシペタラムと呼ぶことはほぼありません(覚えにくいし)。

花色が最初のうちは水色なのですが、咲き進むにつれてピンクがかった色に変わっていきます。


これらの花材の組み合わせだと、色合いとしては濃い緑、白、水色、ということでまあ無難な線でしょうか。

ちょうどブルースターのような水色の入った器があったので、それに活けてみました。

アレカヤシが予想外に活躍してくれて、自分でもビックリしています。

実を言うとアレカヤシは別に欲しかったわけではなく、一緒に入っていた花の方が目的で、単にそれについてきただけのものでした。

なのでほとんど邪魔者扱いしていたのですが、まさかこんなに役に立ってくれるとはね😄


なお紹介した花材のほかに、このアレンジにはブルーのデルフィニウムも入っています。

アレンジを横方向から見るとデルフィニウムの存在が分かります。

このアレンジはどの向きが正面でもいいんだけど、この横側から見た感じも割と気に入っています。


さて何とか一つアレンジを仕上げて、少しは買い散らかした花を有効利用することができました。

いくら安いからといって見境なくものを買ってしまってはダメ!

なんていつも思うのですが、半額とかセールとかいう文字は魔法の輝きを持っていて(♡∀♡)

きっとまた同じようなことをやっちゃうんですよね😅

金魚?それともドラゴン?

先日ラナンキュラスを買ったスーパーでまたまたお買い得の花を見つけました。

花の形が金魚に似ているというキンギョソウです。

和名はキンギョソウだけど、英名はスナップドラゴン。

「噛みつきドラゴン」という意味で、花がドラゴンの口に似ていることから付いた名前だそうです。

国によって見方は変わるものですね。

私としては特に金魚とも思わないのですが(言われてみればまあ金魚^^;)、この可愛らしい花から「噛みつくドラゴン」は全く想像できません。


このキンギョソウのパック束にはムギも入っていました。

ドライのものもよく見かけますが、切り花としては春の素材です。


で、このキンギョソウとムギだけでアレンジってちょっと厳しくない?

もっと数があれば何とかなりそうだけど、両方とも2本ずつしかないし😔

そこでかねてより処分に困っていたハランを使うことにしました。

それは1月末に購入した稽古花材で、家でも活け直して使ったりしたのですが、全部使いきれずにそのままになっていたものです。

いつまでも枯れず、いい加減どうにかしたいと思っていたところ。

ここで使い終えることができれば一石二鳥、ということで花活け開始しました。

デザインとしてはともかく、とりあえずハランは花留めの役割をしっかり果たしてくれました。サンキュ!


キンギョソウは安価ということもあってか稽古花材にもよく登場し、昔から馴染みのある花でした。

見慣れた花でも私にとってはなぜか飽きのこない花で、季節になると一度は手に取りたくなる花の一つになっています。

ちなみにキンギョソウは初夏に咲く花ですが、切り花としては11月~4月頃に出回ります。

自然開花期と切り花の出回り時期のずれは、以前活けたモクレンと同じような感じですね。

そういえば2月に活けたモクレンは、近所のお宅でいま満開になっています。

やっぱり庭木のモクレンは稽古花と違って立派で綺麗★.:゚+。☆


ところで4月も半ばを過ぎたというのに、新しい稽古花材が全く登場していません。

ということは...

さぼりの虫が増殖中です\(^o^)/

どこまで増えるかな? そろそろ虫対策しないとまずいかも😅

やっぱり採る時期を間違えました

前回のムラサキハナナとナズナは2週間以上前にもらってきたものでしたが、3日前に再び見に行くと、今が正に花真っ盛りという状態になっていました。

やっぱり今年は採るのが早すぎたみたい。もう少し待てばよかったです(´-ω-`)

特にナズナは成長著しく、これはもう一度もらっていこうかと思ったくらい。

でも考えた末にそれはやめました。

というのも前回のナズナで他にもいくつか花活けをしており、さすがに今年はもういいんじゃないかと。

たぶん持って帰ってもそのまま器に放り込んで終わっていたと思います。


そういうわけでナズナを増やさずにすんだのですが、今回の花活けはナズナを使ったアレンジです。

??? つまり前回のものとは別に作ったナズナのアレンジになります。

結局見る方としては、またか!というようなしつこさですが「(^^; )

ただ一緒に使った花は少し変えてあります。

シレネ・サクラコマチというナデシコ科の花です。前回の安売りラナンキュラスの束に入っていました。

あとは前回使い残したラナンキュラスも無駄なく使用。

ラナンキュラスは昔からの定番の花とはだいぶイメージの違うものが次から次へと登場しています。

写真の左の花のような花弁の色が外側と中心とで違う2色咲きのものもかなり出ていて、これが今のトレンドなのかなと思っています。


そしてこれらを使って出来たものがこれ。

濃いグリーンのかたまりはパセリです。

何かグリーンのものが欲しいなと思った時、ちょうどスーパーでラナンキュラスと一緒に買ったパセリがあったので入れてみました。


似たようなものを見せられて、もううんざりかもしれません。

が、ここまで来たら見飽きたついでにもう一つ。

捨てようとしていたジャムの空き瓶にナズナとムラサキハナナの残りを入れてみました。

とってもイージーなアレンジ😋

ムラサキハナナは花弁がパラパラ落ちて長持ちしなさそうに見えますが、つぼみが次から次へとちゃんと咲いてくれるので意外と長い間楽しむことができます。


なお前回ムラサキハナナがハモグリバエの被害に遭いやすいという話をしましたが、これはハエの幼虫が葉の中にもぐって食害するもので、花が食べられることはありません。

説明が言葉足らずで誤解を招いたかもしれず、失礼しました。

で、2度目に見に行った時にもう一度確認したら、やはり被害に遭っている葉が一枚もありませんでした。

以前は確かに白い模様ができている葉を何枚も見たんですけどねー

何だか拍子抜け。虫に食われていないって別に奇跡じゃなかったのかも(;^_^A

何はともあれハエがいなくなってくれて良かったです😄

今年も助けてくれた花

前回でバラも全部使い切って、再び活けるものが無くなりました。

今度は何を活けようか?

とりあえず花屋さんへ行って考えよう、と思ったところで、ふと頭に浮かんだ花がありました。

それはいつもお世話になっているムラサキハナナ。今がちょうどシーズンです。

実家の庭でも既に咲いているというので、早速もらってきました。

昨年は出遅れてあまり採集できず、花活けするにも他の花材を足さないとアレンジとして成り立ちませんでした。

逆に今年はピークより少し早めだったみたいで、つぼみが沢山ついていて良い感じ。

量的にも昨年の倍は手に入れることができました。

これなら他の花の助けを借りなくても大丈夫かな?

そう思って、ムラサキハナナの一種活けにしてみました。

野菜や草花を育てている方にとってはお馴染みの害虫にハモグリバエがありますが、ムラサキハナナもその被害にとても遭いやすい植物です。

毎年葉っぱにこの害虫による白いぐるぐる模様ができていて、虫が怖い私は “嫌だなー😰” と思いながら収穫していました。

でも今年は時期が早かったせいか、この虫害にあっている葉が一枚も無いという奇跡\(^o^)/

ムラサキハナナは花色が素敵なのは勿論ですが、明るい緑色の柔らかい葉も魅力で、この葉が花の美しさを一層引き立てているように思います。

今回は綺麗な葉のままで採集できたおかげで、花活けにも大いに役立ってくれました👌


ところで昨年ムラサキハナナと一緒に採ってきたナズナペンペングサ)。

今年はこれから成長するのか、ちょっと丈が短くて数も少なかったのですが、一応形になっているようなところをもらってきました。

それでひとつ簡単な花活けを。

一緒に入っているピンクの花は、近所のスーパーで安売りしていたラナンキュラスです。

今年のナズナはあんまり使えないかなと思って、持って帰ってからしばらくほったらかしにしていました。

なので何となくハツラツさに欠けるし、ラナンキュラスも安くなっていただけあって相当お疲れ気味ですが、2つを一緒にしてみたらトイレに飾れる程度の花にはなったかな(^m^ )